2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・最近のAFの技術の進化 | トップページ | ・Irix 11mmF4の像性能を確認 »

2017年11月 1日 (水)

・Irix 11mmF4を確認

海外通販で、バックオーダー状態で
何カ月も放置していたレンズが急に届きました。
(すでに超広角は別のものを買ってしまった…)
Resize163494

Irixのレンズは日本では販売されていないのですが、
15mmや11mmの二種類が有り、フルサイズイメージサークルの超広角レンズで、
天体用に様々な工夫が凝らされているレンズです。

工夫1:リアにフィルターホルダー有
Resize163495
ここにソフトフィルターを付けることができます。

工夫2:ピントリングを固定可能
Resize163497
ピントリングの上にあるリングを締めると、ピント位置が固定されて、
無限遠を出した状態で不意にピント位置をずらしてしまう誤操作を防げる。

工夫3:ピントリングで無限遠の位置にクリック感がある
Resize163496
無限遠のところでカチッとハマるので、無限遠が簡単に出せる。

工夫4:無限遠キャリブレーションができる
Resize163493_2
気温や湿度によって、無限遠のピント位置は若干ずれます。
これを前述の無限遠位置に微調整ができる。

次回は、実写で性能確認をします。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・最近のAFの技術の進化 | トップページ | ・Irix 11mmF4の像性能を確認 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/72113591

この記事へのトラックバック一覧です: ・Irix 11mmF4を確認:

« ・最近のAFの技術の進化 | トップページ | ・Irix 11mmF4の像性能を確認 »