2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ・PENTAX K-1で使えるフルサイズ対応超広角レンズ比較 | トップページ | ・お台場レインボー花火撮影場所 »

2017年12月 5日 (火)

・アンセルアダムス展

富士フイルムのギャラリーで開催している
アンセルアダムス展に行ってきました。

Resize163583

アンセルアダムスとは、写真の歴史上でも
かなり有名な人の一人です。
銀塩ネガフィルム(8x10サイズ、通称バイテン)で
緻密な描写の風景写真を撮影した写真家。
ヨセミテ国立公園の写真が有名。

5010117u2t
参考:http://anseladams.com/

上記の写真、写真をやっている人ならばわかると思いますが、
ダイナミックレンジが非常に広く、
肉眼に近い描写になっているのがわかります。

モノクロネガフィルムのダイナミックレンジ(ラチチュード)は
大体10-11Evですが、印画紙にプリントすると5Evくらいに狭まります。
(一番明るいのが紙の白い部分、暗いのが紙に現像した一番の黒が1/100とか)
そこで、明るい部分と暗い部分でそれぞれ、覆い焼きなどを行うことで、
プリント時に極限までダイナミックレンジを広げる
ゾーンシステムという技法を編み出しました。
ゾーンシステムの説明が分かりやすいサイト
http://darkroom.tokyo/?page_id=63

デジタルでいうと、露出を変えて3枚撮影したものを合成する
HDR撮影に似ています。

Resize163581

Resize163582

Resize163584

Resize163585

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・PENTAX K-1で使えるフルサイズ対応超広角レンズ比較 | トップページ | ・お台場レインボー花火撮影場所 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/72375152

この記事へのトラックバック一覧です: ・アンセルアダムス展:

« ・PENTAX K-1で使えるフルサイズ対応超広角レンズ比較 | トップページ | ・お台場レインボー花火撮影場所 »