2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ・富士フイルムから手ぶれ補正内臓ボディ発表 | トップページ | トキナーの50mmF1.4 »

2018年2月22日 (木)

ペンタックスからK-1IIがついに発表

ペンタの新ボディがようやく発表されました。
K-1II。

スペックはほぼほぼそのままで、
アクセラレータユニット追加により、高感度処理が良くなっているとのこと。
⇒これはRAWにNRかけられるユニットなのか?
 でなければ、PCでRAW現像する人にはあまり意味のないものに…。

ただ、アクセラレータユニットは電源喰いなので、
電池持ちがどの程度悪化するかが気になります。

そして、今までのK-1も54000円払うことでK-1II相当に
基盤交換アップデートができるとのこと。
これはすごい。

ただ、個人的にK-1後継機に期待していた部分がすべて裏切られたので
残念な気持ちが強い。
期待していたこと
・ファインダー倍率0.75倍。
・アイピースシャッターの内臓。
・アシストライトのLEDを赤いものにする

« ・富士フイルムから手ぶれ補正内臓ボディ発表 | トップページ | トキナーの50mmF1.4 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

アップグレードサービスはうれしいことですが,私が一番残念だったのはSDカードが遅いまま変更無しだったこと。今までK-1使ってて,とかく書き込みの遅さが足を引っ張っていたので,残念です。
基板交換では対応できない部分なんでしょうかね。

コメントありがとうございます。
確かにSDの書き込み遅いのが厳しいですね。。
リアルレゾリューションをRAWで撮ると130MBぐらいになるので、
早いカードを使っていてもかなり待たされる…。

UHS-IIだと端子の形も違うのでカードスロットも交換しなくてはいけないですよね…。
あとは、バッファから書き出す部分のバイパスや画像処理エンジンも
高速なものにならないと…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/72977588

この記事へのトラックバック一覧です: ペンタックスからK-1IIがついに発表:

« ・富士フイルムから手ぶれ補正内臓ボディ発表 | トップページ | トキナーの50mmF1.4 »