2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ・レンズのイメージサークルより大きいセンサ | トップページ | ・曇りの日でも満天の星空を撮る »

2018年3月26日 (月)

・流れる花びらを長秒撮影

桜の季節ですが、桜の花自体だけでなく、
花びらが池や川に流れている雰囲気を撮るのもいいものです。
Resize163876
この流れる花びらを撮る時に重要なのがシャッター速度です。

シャッター速度30秒
Resize163873
川の流れの速さ的にこのシーンを30秒で撮影すると
花びらの存在感がない。

シャッター速度10秒
Resize163874
10秒のほうが花びら感が出ています。
また、花びらが沢山流れてくるタイミングで撮影することも大事。

撮影する向きも、シャッター速度を決める上では大事

シャッター速度10秒
Resize163875
奥行方向に流れるときは、10秒だと動きが中途半端に感じる。

シャッター速度30秒

Resize163872
このほうが動きが出ています。
自分の好みの雰囲気になるようにシャッター速度をいろいろ変えて試してみるのが良い。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・レンズのイメージサークルより大きいセンサ | トップページ | ・曇りの日でも満天の星空を撮る »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ・流れる花びらを長秒撮影:

« ・レンズのイメージサークルより大きいセンサ | トップページ | ・曇りの日でも満天の星空を撮る »