2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ・PENTAX機でズームレンズでの焦点距離確認方法 | トップページ | ・回転多重露出撮影 »

2018年4月20日 (金)

・バイテンのデジカメ登場!?

バイテンとは8x10inchのフィルムサイズ(センササイズ)のカメラの事です。

Imgp2979

これまで、中判といわれている645が一般市販機では最大のセンササイズでした。
(645は6x4.5inchのセンササイズ)

センササイズが大きくなると、被写界深度が浅くなります
また、絞っても被写界深度が浅いので、ピントの合う範囲が狭くなってしまう。

集合写真を撮ろうとすると、一番前の列の人にピントを合わせると
後ろの列の人がボケてしまいます。
そこで大判ではあおり撮影を用います。

シャッターはフィルム(センサ)が大きすぎるので
フォーカルプレーンシャッターは機構的に難しい。
メカシャッターはレンズシャッターになります。
シャッター内蔵のレンズじゃないと駄目。

今回発表された超巨大センサを搭載したバイテンデジカメは
撮像素子の電子シャッターが使えます。
動画も撮れる。

2709550883
DPreviewより

この大きさで1200万画素、しかもモノクロセンサ。
(カラーにするには、レンズに
RGBそれぞれのフィルタを付けて3回撮影すれば良い)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ケンコー 49mm SPカラーセット[49SSP]
価格:3250円(税込、送料別) (2018/4/19時点)


どんな画像が撮れるのか想像もつかない。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・PENTAX機でズームレンズでの焦点距離確認方法 | トップページ | ・回転多重露出撮影 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/73335247

この記事へのトラックバック一覧です: ・バイテンのデジカメ登場!?:

« ・PENTAX機でズームレンズでの焦点距離確認方法 | トップページ | ・回転多重露出撮影 »