2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ・天空のポピー畑 | トップページ | ・iPhoneで印象的な写真を撮る »

2018年5月26日 (土)

・ハーフNDと使うシーン

片側だけND効果のあるハーフNDは様々なシーンで役に立ちます。

花火大会

Resize164474
ワイドスターマインで活躍。
ここで使用しているハーフNDの種類は
リバースタイプのND1.2 (4段分の減光効果)です。


水面反射被写体

Resize164489

具体的な被写体にもよりますが、ソフトタイプかハードタイプの

ND0.6が減光効果的にちょうどよいです。

・朝焼けや夕焼けの風景
Resize164480
一番良くハーフNDが使われるシーンです。

朝焼けや夕焼けでは空の下のほうが明るく、
空の上のほうが暗いため、リバースタイプのハーフNDがおすすめです。

太陽がまだ出ているときは、明暗差が特に激しい為、
露出係数が4段のND1.2 (ND16)のものが良い。
Resize164479

太陽が地平線より下にいるときは、
ND0.6(ND4)が割とちょうどよいです。
Resize164478

・輝度差が激しいシーン
Resize164476

このシーンは滝の部分が陰になっており、
遠くの山は雪に覆われていて
輝度差が非常に激しいシーンです。
どうにか両方写そうとしましたが、
ハーフNDなしでは、アンダーに撮影して持ち上げても厳しい。
Resize164475_2

・星と街明かり
Resize164477
山の上から天体と街明かりを撮るとき、
圧倒的に街明かりのほうが明るい状態です。
とはいえ、街が白とびしないようにアンダーに撮影すると
星が写らなくなってしまう。
こういったシーンでもハーフNDが使えます。
光害カットフィルタやソフトフィルタを併用すると効果的です。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・天空のポピー畑 | トップページ | ・iPhoneで印象的な写真を撮る »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/73561137

この記事へのトラックバック一覧です: ・ハーフNDと使うシーン:

« ・天空のポピー畑 | トップページ | ・iPhoneで印象的な写真を撮る »