2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ・佐倉ふるさと広場のひまわり | トップページ | ・長岡花火大会に行ってきました »

2018年8月 1日 (水)

・段差補正とは

デジタルカメラのセンサーは
色情報を作るためにベイヤーという色配列になっています。

ベイヤー配列の図
1

それぞれの画素は赤or青or緑の情報しか得られないため
周辺の画素情報を用いて補完してフルカラーの画像を作ります。

Photo
この図では周辺の4画素を用いて補間している。

しかし、センサは製造誤差で画素ごとに微妙に感度が異なります。
特に、ベイヤー配列で赤画素がある行と青画素がある行で
同じ緑の画素でも感度が異なります。

R画素の行のG画素(Gr)と、B画素の有る行のG画素(Gb)の感度の差を表した図
2

この同じGの画素でもGrとGbで感度が若干異なることを
GrGb段差とか言います。

この段差を補正せずに画像処理を行うと
不自然な縦横シマのノイズがでることがあります。

Dansa

このGr,Gbの感度差などはセンサ製造時に基準の光源を撮影して
調整値として保存されていたりします。
その情報をもとに段差補正を行います。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・佐倉ふるさと広場のひまわり | トップページ | ・長岡花火大会に行ってきました »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/73958460

この記事へのトラックバック一覧です: ・段差補正とは:

« ・佐倉ふるさと広場のひまわり | トップページ | ・長岡花火大会に行ってきました »