2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ・DFA★50mm F1.4 の画質を実写確認 | トップページ | ・ストロボのガイドナンバーと焦点距離 »

2018年8月18日 (土)

・スマホで花火撮影

花火大会に行くと、
本気撮影の人と
純粋に観覧している人、
なんとかスマホで撮ろうとしている人
がいます。

しかし、スマホで花火を撮るのは非常に難しい。

課題1:手ブレ
課題2:露出制御
課題3:最長シャッター速度

課題1:手ブレ
Resize165660

 

手ブレが起きると、この写真のように
花火の線がうねうねしてしまいます。
これは三脚を用いることで解決します。
あとは、スマホを手すりなどに押し当てて
動かないようにするとか。

課題2:露出制御
Resize165661
これがかなりの課題です。
最近のスマートフォンでは
マニュアルモードでも撮影できるようになってきています。
ISO感度を最低感度にしたりすることができます。

しかし、スマホは夜景など手持ちで綺麗に撮れるように
非常に明るいレンズを積んでいます(F1.8とか)
また、絞りが無いので、上の写真のように花火が白飛びしてしまいます。
ISO感度を最低まで下げても
まだ、花火が明るすぎるため、どうしようもありません。

そこで、無理やり光の量をコントロールするために
可変NDフィルターをスマホにテープで付けました。


これで光量のコントロールが可能。

課題3:最長シャッター速度


上記の課題1と2をクリアしても、
この最長シャッター速度が1秒とかのスマホでは
花火をスマホでうまく撮るのは非常に困難。

Resize165659

Resize165658

一秒ではこのように花火が切れてしまう。
バルブ撮影できるのがベストですが、
10秒露光、せめて5秒露光できれば
ある程度花火がきれいに撮れるのですが。

結論としては、スマホで花火をきれいに撮るには
動画が良い。

先日の常総きぬ川花火大会をスマホで撮影したもの。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・DFA★50mm F1.4 の画質を実写確認 | トップページ | ・ストロボのガイドナンバーと焦点距離 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/74056710

この記事へのトラックバック一覧です: ・スマホで花火撮影:

« ・DFA★50mm F1.4 の画質を実写確認 | トップページ | ・ストロボのガイドナンバーと焦点距離 »