2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ・花火のRAW現像方法1 | トップページ | ・花火のRAW現像方法3 »

2018年9月22日 (土)

・花火のRAW現像方法2

1:RAW現像を前提とした花火の撮り方
2:花火のみの場合のRAW現像
3:花火と風景を一緒に撮る場合のRAW現像

今回は具体的なRAW現像についてです。
使用するソフトはAdobeCameraRAW(Lightroom)で説明します

2:花火のみの場合のRAW現像

撮って出しの画像
Resize165761 写真

白とびしないように、アンダーで撮影しています。
そのため、撮って出しのjpegでは暗い状態。

RAWのファイルをPhotoshopで開くとCameraRAWが立ち上がります。
Resize165757

Webに写真を載せる場合は、画像下のAdobeRGBのところをsRGBに変更しておきます。
(Webで他の人に見せる場合、AdobeRGBだと正しい色で表示されないことがある)

Resize165758

さて、RAW現像をする際は、
もともとの画像をアンダーで撮影しているため、
適正な明るさに持ち上げる必要があります。
一番最初に
「露光量」を上げることで全体を明るくします。
そのあと、白レベル、黒レベル、ハイライト、シャドウを
微調整して全体のトーンを整えます。
Resize165759

各項目が、ヒストグラム上でどの領域を変更しているのかは
ウィンドウのみぎうえのヒストグラムに
マウスポインタを持っていけば分かります。
この上の図では露光量の部分を示している。

明るさ関係を調整した後は、
明瞭度・かすみの除去でローカルコントラストを上げます。
これによってしゃっきりした絵になります。
また、彩度・ホワイトバランスも好みによって調整します。
Resize165751_2

この際、明瞭度を上げすぎると花火の線が太くなりがちなので注意。
また、彩度は「自然な彩度」だけをいじり、「彩度」の項目は
上げないようにするのがコツです。
Resize165752

次に画像を等倍拡大して、シャープネス・ノイズ処理を行います。
Resize165753

シャープネスの項目の詳細はこちら

花火撮影時は若干長秒撮影になるし、
長秒時NRはOFFにすることが多いので、
インパルスノイズが乗りがちです。

インパルス的なノイズは除去しずらいので
ノイズリダクションをかなり強めにかけなければいけませんが
あまりにも強くかけるとディティールが失われるので、
等倍拡大画像を見ながら調整していく必要があります。

次にレンズ補正を行います。
倍率色収差や歪曲収差を取ります。
Resize165754

基本的にレンズプロファイルが自動的に読み込まれるので
チェックボタンを押せばよい。
レンズプロファイルがAdobeに提供されていないような
マニアックなレンズの場合は、手動で行う必要があります。
(ここでは割愛)

ここまで来たら改めて全体を見てみます。
Resize165752_2

この画像では、花火がピンクなので、
ホワイトバランスの色偏差の項目をグリーン寄りにしています。
そのため、花火の背景の空や、画像下の人々が
若干緑被りしているのが気になります。
ここを補正したい。

明暗別色補正の項目で
シャドー部をグリーンの補色のマゼンタに少し色を付ければよい。
Resize165755_2

最後の仕上げとして、段階フィルターで
下の方の花火観覧者を少し明るくしました。
Resize165756
これにより、花火だけでなく、見ている人々も副題として
主張されるようになります。

RAW現像前

Resize165761_2

RAW現像後

Resize165760_2

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・花火のRAW現像方法1 | トップページ | ・花火のRAW現像方法3 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/74254793

この記事へのトラックバック一覧です: ・花火のRAW現像方法2:

« ・花火のRAW現像方法1 | トップページ | ・花火のRAW現像方法3 »