2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ・AIによるカメラの進化 | トップページ | ・日光に行ってきました2018 »

2018年10月 5日 (金)

・シフト可能なマウントアダプターとレンズ

ミラーレスカメラが世に出てから、
マウントアダプターを介して様々な一眼レフのレンズが
付けられるようになりました。
しかも、ただ単につけられるだけでなく
フランジバックの差分のスペースを利用して
ティルトシフトができるマウントアダプターもあります。

シフトレンズを買おうか迷ったのですが、
ペンタックスのKマウントではSamyangから出ている一種類のみで
価格も8万ほどします(これでもキヤノンなどの純正よりはるかに安い)


私の場合、使うシーンは花火撮影位なので
あまり高価なものを買うのには気が引ける。

そこで購入したのがKiponから発売されている
Kマウント⇒Xマウントアダプター


富士フイルムのXマウントはAPS-Cサイズなので
フルフレーム用レンズを用いれば、
シフトしてもイメージサークルに余裕があります。

富士フイルムのカメラボディは持っていなかったので
ヤフオクで格安で入手しました。

Resize165784

Resize165783
外装がボロボロになっている。
撮影機能自体は問題ないのでよしとする。

普通に撮影
Resize165782

シフトさせて撮影
Resize165781

ちょっとやりすぎ感がありますが…。
上記の撮影ではLaowaの12mmを用いています。


このK-Xマウントアダプタを用いてシフト撮影する際に
用いるレンズの注意点。

・絞りリングがある
 絞りリングが無いとF値をコントロールすることが出来ません。
 無理やりやる方法もありますが…

・フルフレームのイメージサークルを持っている
・フルフレーム撮影時に周辺画質が良い
 シフトではイメージサークルの外側を使用するので周辺画質が重要になります。

・歪曲収差が少ない
 せっかくシフトして形を整えるのに、歪曲収差があると曲がってしまいます。
 さらにイメージサークルの端を使うため、不自然な曲がり方になり、
 後で補正するのも困難です。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・AIによるカメラの進化 | トップページ | ・日光に行ってきました2018 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ・シフト可能なマウントアダプターとレンズ:

« ・AIによるカメラの進化 | トップページ | ・日光に行ってきました2018 »