2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ・青の洞窟のイルミネーションを撮る | トップページ | ・ファインダー視野率100%とは »

2018年12月19日 (水)

・画質確認チャートを少し改良

以前からよく使用している画質確認チャートを少し変えました。
どういう視点で変えたのかを簡単に説明します。

一番最初に造ったときの状態
Resize165978

以前のチャート
Resize165979

新しくしたチャート
Resize165980

手前のフィギュアの配置などは
その都度変わるので気にしないでください。

変えた部分は、今まで画質評価にほとんど利用していなかった被写体です。

左が新しく配置したもの
1_2

赤とピンクの彩度の高いフェルトです。
どの色も飽和しやすく、フェルトの細かい質感が失われがちです。
以前も小さいパッチとして存在しましたが
小さいと差分がわかりにくいので思い切って大きくしました。

その上にはわずかに紫がかった造花を配置。
この僅かな紫は、高感度になると
色ノイズ処理で色が失われがちです。

Dd
100円ショップで見つけた割とリアルな人工芝を配置。
以前から芝生の写真を貼り付けていたが、
光の当たりでディティールが難しい芝生は

カメラごとに差分が出やすい。
さりげなく、蛍光色のシールも貼っておきました。

13
空をイメージしたグラデーション
本当はもっと広い面積で欲しかったが、
スペースの都合上ここにしか設置できず。
空に発生しやすい階調飛びを見るためのものです。

その他に、雪ミクのフィギュアの後ろあたりに
赤外線をよく反射する黒い布をおいてみましたが
今の所、使用方法が思いついていません。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・青の洞窟のイルミネーションを撮る | トップページ | ・ファインダー視野率100%とは »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/74797182

この記事へのトラックバック一覧です: ・画質確認チャートを少し改良:

« ・青の洞窟のイルミネーションを撮る | トップページ | ・ファインダー視野率100%とは »