2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ・動画のレンジ リミテッドとフル | トップページ | 2019あけましておめでとうございます »

2018年12月31日 (月)

・同じ高感度でも夜だとノイズが目立つ理由

ここ最近、カメラのセンサの性能が上がり
高感度でのノイズが少なくなったり
ダイナミックレンジが広くなったりしています。

高感度ノイズは前の機種より1段分良くなったとか
よく聞きます。
一段良くなるとは、
例えば今までISO 3200までしか
ノイズレベル的に許せなかった人が
ISO 6400まで許せるようになるという事です。

5年前のカメラでのISO 3200
Resize165991
最新のカメラでのISO 6400
Resize165990

拡大
左:古いカメラ 右:新しいカメラ
1

2

3


しかし人間の欲は深く、良いものが出ると
やはり、ISO 3200までしか許せない、
となることが多い。

本題ですが、同じISO 6400でも
昼間に撮影したISO 6400の画像と
夜に撮影したISO 6400の画像では
夜の画像のほうがノイズが多く感じます。

昼間のISO 6400
Resize165989

夜のISO 6400
Resize165987

拡大
1_2

これは撮像素子のベースノイズと
信号の比 SN比によるものです。

13

このグラフでは横軸を明るさ、
縦軸を信号量としています。
このグラフの例では、明るいところの信号量は
150-255でノイズ量は0-3程度、
だいたい、比率だと1%ちょっとなのでほとんど無視できます。

しかし、暗い領域では信号量が0-50程度なので
ノイズ量は10-20%程度となり、かなり気になってしまいます。

夜間の撮影では暗い領域が多いので
同じISO 6400でもノイズが多く感じるのです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・動画のレンジ リミテッドとフル | トップページ | 2019あけましておめでとうございます »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ・同じ高感度でも夜だとノイズが目立つ理由:

« ・動画のレンジ リミテッドとフル | トップページ | 2019あけましておめでとうございます »