2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ・あしかがフラワーパークのイルミネーション | トップページ | よみうりランドイルミネーション »

2019年1月16日 (水)

・デジカメが苦手とする色

デジタルカメラでは色を作るために
光の3原色のカラーフィルタを通したセンサの画像を使っています。

このカラーフィルタが通す光の波長は、
人間の眼の3つの錐体の分光感度に近づくように設計されています。

しかし、デジカメで撮影したカラー画像と、
人間の見た目で感じる色にどうしても差が出てしまいます。
その理由は人間の脳内では記憶に基づき
色を補正していたりすることが殆どですが、
どうしてもデジカメの原理的に苦手とする色もあります。

その代表的な色が、青紫色。
アジサイや藤の花の色です。

実際に数値でどうなっているかを確認してみます。

Resize166019
日中屋外(D65 6552Kの太陽光下)で、カメラで撮影したマクベス

この写真のチャートの各色パッチの数値と
チャートのメーカーで公開されている
正式な値を比較してみました。
Color

上のグラフは、マクベスのパッチの各色の情報を
a*b*平面上にプロットしたものになります。
青のプロットが正式な値、
黄色のプロットがカメラで撮影した色です。

グラフの見かたとしては、中心の原点は無彩色、
周辺に行くほど彩度が高い色になります。
また、青と黄色のプロットが離れているからといって
色が全く異なるというわけではありません。

Color2

例えば上の図の14番のパッチ(green)は
黄色と青のパッチのプロット位置は離れています。
しかし、原点からの方向は一致しています。
つまり、彩度が違うだけで、色の種類としては同じです。

左:マクベスの理論値 右:撮影した画像の色

Green

※輝度は揃えてあります。

グラフを見ると色味がかなり異なるパッチと

ほぼ一致しているパッチがあることが分かります。

Color3

上の図の丸で囲ったパッチは色相(色の種類)がかなりずれています。

黄色-オレンジ
マゼンタ-青
このあたりの色のズレが大きい。

逆に緑-青系の色や肌色は
ほぼ一致しています。

これは、写真でよく撮られる被写体が
植物の緑や、空の青、人の肌だったりするため
これらの色相はなるべく正確に
色再現をするという思想があるためです。

一方、デジタルカメラの色づくりでは
ある色を重視して設計するために
カラーマトリクスなどを調整すると
引っ張られて別の色まで影響を受けてしまいます。

この影響を受ける色が青紫だったりします。
(黄色系は見栄えのためにあえてずらしていることもある)

左:マクベスの理論値 右:撮影した画像の色
Puplblue

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・あしかがフラワーパークのイルミネーション | トップページ | よみうりランドイルミネーション »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ・デジカメが苦手とする色:

« ・あしかがフラワーパークのイルミネーション | トップページ | よみうりランドイルミネーション »