2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2019あけましておめでとうございます | トップページ | ・あしかがフラワーパークのイルミネーション »

2019年1月 7日 (月)

・ファインダー倍率とは

前回:ファインダー視野率とは
一眼カメラのファインダーの性能の一つにファインダー倍率があります。
ファインダー倍率は大きいほど
ファインダー像が広く見え、覗いたときの感覚が良くなります。
ファインダー倍率が低い一眼だと、像が見えにくく
「井戸底」などと呼ばれたりします。

Resize166002

 
Resize166003

ファインダー倍率の大きいカメラと小さいカメラ

ファインダー倍率は、フルフレーム一眼レフでは0.75倍とか、
APS-C一眼レフでは0.95倍とか、そんな感じの数値になっています。
この数値だけ見ると、フルフレーム一眼レフのほうが
ファインダーが小さく感じますが、実際は逆です。
APS-Cサイズのセンサのカメラでは焦点距離が1.5倍になるため、
ファインダー倍率も1.5倍になっています。

APS-Cで0.95倍のファインダーの場合、フルフレーム換算すると
0.63倍になります。

そもそも、センサの大きいカメラのほうが、
ミラーもプリズムも大きくなるので
ファインダー倍率も大きくしやすいです。

ペンタプリズムの大きさ比較
左:APS-C 右:35mm版フルフレーム
Resize166004

ところで、このファインダー倍率、
レンズの焦点距離に依存しますが
カタログを見ると、どのレンズを使ったときか等の
条件が記載されています。

( 50mmレンズ・∞・-1m^(-1) )

上記が一般的によく使われる条件です。
ここが違うと、メーカー間でどれだけ性能が違うのか比較できません。

ここで記載されている50mmのレンズというのは
文字通り、焦点距離が50mmのレンズを付けたとき、という事です。
大体は50mmF1.4の単焦点レンズです。

次の∞は
ピント位置が無限遠にいるときを表しています。
これは、ピント位置(被写体距離)によって
若干焦点距離が変わってしまう為です。

花を多重露出で撮る記事のように、
イルミネーションを多重露出で撮影するとよくわかります。

Resize165999

この写真はピントが合った画像と、
わざとぼかした画像を重ねています。
中心付近はぴったり一致しているのですが、
周辺になると、ボケた画像のほうが
外側になっていることがわかります。

これはピントをずらした画像のほうが
像倍率が大きいため(焦点距離が少し長い)です。

そのため、
ピント位置が無限遠のときのファインダー像が
実際に見える被写体の何倍の大きさで見えるかを定めています。

-1m^(-1)は視度調節を-1m^(-1)にした時を示しています。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« 2019あけましておめでとうございます | トップページ | ・あしかがフラワーパークのイルミネーション »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ・ファインダー倍率とは:

« 2019あけましておめでとうございます | トップページ | ・あしかがフラワーパークのイルミネーション »