2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ・YCbCrとは | トップページ | ・シャボン玉ボケ »

2019年1月31日 (木)

・立体画像の作り方

Resize166028

Resize166031

子供のころに赤と青の眼鏡をかけて
立体に見える画像で楽しんだ記憶があります。
この立体画像を自分で作る方法です。

〇撮影方法
特別なカメラは必要ありません。
スマホでも可能です。
※ただし、動かない被写体の場合

カメラを三脚に固定して、一枚撮影。
そのあと、カメラの位置を水平に移動してもう一枚撮影。

13

この撮影時にPLフィルタをつけて、
偏光を90°回転させれば、
3D映画の時のような偏光式の立体画像が作れます。
今回は単純な赤と青のメガネでの立体画像の作り方。

このような二枚の画像を撮影しました。

Resize166029

Resize166030

二枚の画像を撮影するときの視差間隔は
被写体までの距離の1/30くらいがよさそうです。
一番最初の東京タワーの画像では15mくらいです。

〇画像処理方法
二つの画像をPhotoshopに読み込み、
レイヤーとします。
Photo

レイヤーウィンドウで「チャンネル」タブを選ぶと
R,G,Bそれぞれのチャンネルをいじることができます。

二枚の画像のうち、
視差左側の画像は

BチャンネルとGチャンネルを黒で塗りつぶします。
Red

視差右側の画像は

Rチャンネルを黒で塗りつぶします。
Green

これらの二つのレイヤー画像を
「スクリーン」で合成します。

Screen

これで完成します。
Resize166027

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・YCbCrとは | トップページ | ・シャボン玉ボケ »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ・立体画像の作り方:

« ・YCbCrとは | トップページ | ・シャボン玉ボケ »