2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ・立体画像の作り方 | トップページ | ・ディープラーニングについて »

2019年2月 4日 (月)

・シャボン玉ボケ

最近話題になっているオールドレンズで
Trioplan 35

というものがあります。

このレンズは球面収差補正がオーバーコレクション
玉ボケの周りに輪郭が付き、二線ボケになっています。

ただ、玉ボケの周りに輪郭が付くのが味として
「シャボン玉ボケ」として一部で有名になっているようです。

このレンズは20万近くと非常に高価なのですが、
実はペンタックスのKマウントで現行レンズで
このシャボン玉ボケが出るレンズがあります。

FA50mmF1.4です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FA50/1.4 ペンタックス FA50mm F1.4
価格:32980円(税込、送料無料) (2019/2/4時点)


最近、高性能なDFA50mmF1.4も出ましたが、
こちらは古いタイプなので安い。

以下がシャボン玉ボケの例

Resize166032

Resize166033

Resize166034

見事に玉ボケの淵に輪郭がついているのがわかります。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・立体画像の作り方 | トップページ | ・ディープラーニングについて »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ・シャボン玉ボケ:

« ・立体画像の作り方 | トップページ | ・ディープラーニングについて »