2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ・シネマレンズと写真レンズの違い | トップページ | ・トレーサビリティとは »

2019年4月16日 (火)

・スマホのディスプレイと色域

最近のiPhoneやXperia、Galaxyなどの
ハイエンドスマホは非常に良いディスプレイを搭載しています。
HDR表示などの最大輝度もそうですが、
色域もかなり広がっています。


パソコンのディスプレイはほとんどのものはsRGB、
映像や写真用の良いものでもAdobeRGBをカバーするくらい。
それに対し、スマホのディスプレイは
Display P3やそれ以上のBT.2020にせまるものもあります。
2


ちなみにiPhoneはDisplay P3ですが、
この規格はApple独自のもので一般的なDCI-P3と少し異なります。
F0274403_16332113


これまで、世の中にある殆どのディスプレイは
sRGBかそれ未満しか表示できなかったため、
Web上の多くのコンテンツはsRGB規格で作られています。
意識しなくても、パワーポイントやら普通のデジカメの写真は
このsRGB色域になっています。


しかし、最近はスマホでコンテンツを見ることも多くなったり
ディスプレイも良くなってきたので、この前提が崩れつつあります。
ハイエンドスマホでは、既存のsRGBのコンテンツも
独自のエンジンでP3規格などに拡張して
色鮮やかに表示しています。


更にiPhoneではiPhoneカメラで撮影した画像は
Display P3規格になります。
何も考えずにそのままWebにアップロードすると
正しい色で見えない可能性があります。
以前の記事※このときはDCI-P3と書いていましたがDisplay P3の間違いです。


iPhoneのカメラ写真をそのままアップロードして
それをXperiaなどで見ると、
アプリによってはP3で表示できないどころか
そこからディスプレイ側の色域拡張処理が入って
もう訳のわからない色空間になってしまいます。


 




style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-9933859295183410"
data-ad-slot="2118710288">

« ・シネマレンズと写真レンズの違い | トップページ | ・トレーサビリティとは »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ・シネマレンズと写真レンズの違い | トップページ | ・トレーサビリティとは »