2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« ・花火と都市風景のRAW現像方法 | トップページ | ・関東近郊 駐車場から徒歩10分で行ける絶景場所 »

2019年8月19日 (月)

・ペンタックス K-30の黒死病を修理

しばらく使っていなかった一眼レフを使おうとしたら
撮影画像が真っ暗になっていました。
どうも絞りが絞り込まれて、暗くなってしまっている様子。
Resize168709
このように真っ暗になる。

いわゆる黒死病というやつらしい。
ペンタックスのエントリー機種のK-30とK-50でよく起こる。
普段使わないカメラなので20000円近く出して修理するのはもったいない、
かといって、お気に入りのオーダーカラーなので
捨てたくはない。

Resize168710
クリスタルレッド

ネットで調べてみると、自分で修理している人の記事がいくつか出てきます。
チャレンジしてみました。

参考にしたページ
PENTAX K-30 絞り制御不良 修理方法

PENTAX K-30の絞り制御ブロックの不具合(通称:黒死病)を修理する

基本的な修理の方法は上述のブログにお任せするとして、
私が行ったときの注意点などを記載します。

〇ネジはカメラの大雑把な図+両面テープで管理
Resize168713
ペンタックスのカメラのネジは長さが同じでも、
止めるパーツが金属製か樹脂製かでネジのピッチが異なります。
わからなくならないように上記写真のように管理しておくのが良い。

上面、側面なども同様に管理します
Resize168712

〇コンデンサには触らない
Kondensa
矢印の部分のタンクのようなものがストロボ用コンデンサです。
高電圧の電気が溜まっているので、この周りの回路とか触って
通電してしまうと、
「パーン!」と爆発して感電します。
超ビビります、カメラが修復不可能状態に壊れます。
何が起きたんだ、と5分くらい思考が停止します。
最悪死にます。


幸いなことにコンデンサは絞りブロックとはマウントの反対側なので
今回の修理ではアクセスすることはありません。
但し、分解は自己責任です。
分解すると防滴性も担保されなくなります。

〇犯人のU字型の金具の取り扱い
犯人のU字金具の修理方法には、
・ジャンク品の別のカメラのものと交換
・やすりで削る
・はんだを盛る
の3通りがありますが、
わたしはやすりで削りました。
100均で売っているダイヤモンドやすりで削ったのですが、
削りすぎました。
表面をちょっとざらざらになる程度にしたのですが、
削りすぎて、逆に絞りが開放状態になってしまいました。
Resize168711
白死病??

削る方法だとやり直しがきかないので、はんだを盛る方法のほうがよさそうです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

 

« ・花火と都市風景のRAW現像方法 | トップページ | ・関東近郊 駐車場から徒歩10分で行ける絶景場所 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

その後無事に直されたのでしょうか。
ネジの図を拝借・印刷したものが、とても役に立ちました。
当方の場合、荒砥石で接地面をごく軽ーく削っだだけで無事に動き出しました。感謝感謝!

コメントありがとうございます。
ジャンク品からパーツだけとってきて治そうと思っていますが
未だ直せていません…。
ごく軽く削るだけでいいんですね、、削りすぎました。
ネジの図は自分用に書いたので雑ですが活用されたとのことで良かったです。

ジャンクからパーツを取ってようやく修理できました。

自分と同じカラー!珍しいですねー。うちのもその状態になってしまって……
自分もジャンクを探そうと思ってるのですが、どの機種が同じパーツなのか分かりません。
お手数お掛けしますが、教えていただけると幸いです。

餡子熊王さん
コメントありがとうございます!
オーダーカラーだと愛着が出るので長く使いたいですよね、、、
パーツはデジタルのKマウント一眼レフであればどれでも取れると思います。
(私はK10Dのジャンクをオークションで安く購入しました)
*istDとかでもOKです。
フィルムのも一部大丈夫と記載されているブログを見ましたが、
フィルムはデジタルと分解の順序とかも違うので、やめておいたほうが良いと思います。

ネジの配置図を拝借させていただきます。
U字部品の窪みに薄くハンダをもる方法で治す予定ですが、
MZ-10のジャンクが入手出来れば、プラ部分が緑色ソレノイド(中国製?)から
白色(日本製)に交換しようと思ってます。
良い情報を提供して頂き感謝しています。

達磨 さん
役に立ったようで良かったです。
無事治ると良いですね。

初めまして。
大変詳細なかつ分かりやすい分解方法をご教授頂き、
お陰様で、無事K-50の修理を行う事が出来、
大変感謝致しております。
私は、問題の部品を加工する技術がございません為、
取り敢えず、その辺にあった紙やすりで10回程度擦って、水洗いを行いました。
取り付けてみますと、全く問題なく動作し驚いております。
他の方の記事によりますと取り外しのみでも(すぐ再発の可能性がある様です)
動作する様になるとの事ですので、早々に再発の可能性もありますが、
またその時は、再度方法を考えようと考えております。
まだK-30とK-S1が残っておりますが、K-50の状況をみて実施しようと思います。
誠に有難うございました。

PENTAX最高さん
治ったようで良かったです。
ヤスリで削っていれば問題なく使えると思います。
(渡しの場合は削りすぎてしまいましたが…)
たくさんペンタックス持っていますね。すごい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ・花火と都市風景のRAW現像方法 | トップページ | ・関東近郊 駐車場から徒歩10分で行ける絶景場所 »