2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« ・なぜ暗いところでは赤いライトが目に優しいのか | トップページ | ・花火と都市風景のRAW現像方法 »

2019年8月 9日 (金)

・ストップという単位とは

最近発表されたソニーのフルサイズミラーレスα7RⅣ。
6100万画素という圧倒的な解像度に加え、15ストップというダイナミックレンジ。
と記載されています。


ストップとはまた聞きなれない単位です。
ストップはダイナミックレンジを表す単位で、
「段」と同じです。
15ストップは15段と同じ意味です。
何でストップという言い方なのか。

もともとストップとはレンズの絞りを表す言葉です。
日本語でのF値は英語ではf-stopと呼ばれます。
(F Numberも使われる)
絞り〇段分、というところから、露出の段数としても使われるようになり
ダイナミックレンジの段数に使われるようにもなっています。

少し前までは、富士フイルムの中判GFXが14.5段のダイナミックレンジで
デジカメで最大、と言われていたのに、
FFのセンササイズ、6100万画素で15段とは、技術の進歩が速い。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・なぜ暗いところでは赤いライトが目に優しいのか | トップページ | ・花火と都市風景のRAW現像方法 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ・なぜ暗いところでは赤いライトが目に優しいのか | トップページ | ・花火と都市風景のRAW現像方法 »