2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ・小田代ヶ原に行ってきました | トップページ | 土浦全国花火競技大会2019 »

2019年10月20日 (日)

・ハーフソフトフィルターを購入

ケンコーのハーフソフトンプロAという製品を買いました。


 


これはソフトフィルターの一種で、上半分だけソフト効果がかかっている
特殊なフィルターです。

ハーフNDフィルターのソフトフィルター版のようなものです。
こんな特殊なもの、どんなシーンで使われるのか。

星空を撮影する際、ソフトフィルターを使用すると
明るい星が大きく映り、見栄えがします。

しかし、地上の風景と星を両方入れた星景写真では
町明かりなどもソフトフィルターの効果がかかってしまいます。

Resize169809
街灯もソフト効果がかかってしまっている。

そこで、このハーフソフトフィルターを用いると
星空の部分にのみ、ソフト効果をかけることができます。

しかし、作例を撮っていて、重大な事実に気づいてしまいました。
Resize169808
この写真は50mmのレンズとハーフソフトを用いて撮影したもの。
_raw_imgp6437_mini

赤道儀を用いて星を止めて撮影すると
地上部分がぶれます。
こうなるとソフト効果云々ではありません。
地上と星部分、両方止めて撮るには
二枚の画像を合成する必要があります。

二枚撮るなら、地上部分の撮影時はソフトフィルターを外しておけば良い。

なので、ハーフソフトフィルターが活きるのは
広角レンズ+露光時間30秒程度で赤道儀を用いず
高感度の一枚撮りで撮影するときです。
今回のような
赤道儀を用いるような撮影ではあまり意味がありませんでした。

また、使用時に難しかったのが、
ソフト効果が画面上のどの範囲までかかっているか判断すること。

Resize169810
ソフトの境目をどこに持ってくればいいのか分かりづらい。
使いこなすにはもう少し練習が必要そうです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

 

« ・小田代ヶ原に行ってきました | トップページ | 土浦全国花火競技大会2019 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ・小田代ヶ原に行ってきました | トップページ | 土浦全国花火競技大会2019 »