2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ・Kenkoスターリーナイトフィルターを確認 実写編 | トップページ | ・自撮りライトをカメラにつけてみた »

2019年10月 9日 (水)

・屋形船の軌跡を撮る2

Resize168846

前回の記事

前回の記事ではバルブで
屋形船の軌跡を撮る方法を記載しましたが
この方法は背景が暗かったりすると
露出のバランスが結構難しいです。

このバランスを少し詳しく記載します。

屋形船の軌跡の明るさと
背景部分の明るさのバランスは
ストロボの定常光と瞬間光の関係に似ています。

10

背景は常に同じ場所で光っている定常光なので
露光時間が倍になれば、明るさも倍になります。

一方で、屋形船の光は船が停止していない限り、
同じ場所で光っているわけではないので
瞬間光として扱えます。
露光時間が1分でも2分でも、
特定の場所で光っている時間は1秒とかの間だけなので。

よって、軌跡を撮影するときは露光時間がとても大事になります。

露光時間が長すぎるとき
Resize168845
露光時間が長いと背景が明るくなるため、
屋形船の軌跡が背景光に埋もれて薄くなる。


露光時間が短すぎるとき
Resize168844

写真
屋形船の軌跡が白飛びしてしまう。
鮮やかな色が出ない。
もしくは、背景が暗すぎてしまう。

屋形船の軌跡を撮影するときは
軌跡が途中で途切れ途切れにならないように
ある程度の露光時間を設けたほうが良いです。
背景の明るさにもよりますが2分-3分ほど。

F16でISO100、ND16を使うとちょうどよい露出になることが多い。
ND32しか持っていないならば、絞りを一段明るくしてF11にすればOK。
ND8ならば、F22にすればよいです。


背景が暗い場合、軌跡の明るさとのバランスがどうしても難しい場合があります。
その場合は、ハーフNDを使うのも手です。

14_20191009001701

屋形船が撮影場所から離れているときは、
相対的な移動速度が遅いので、より白飛びしやすい。
なので、リバースタイプのハーフNDが適しています。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

 

« ・Kenkoスターリーナイトフィルターを確認 実写編 | トップページ | ・自撮りライトをカメラにつけてみた »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ・Kenkoスターリーナイトフィルターを確認 実写編 | トップページ | ・自撮りライトをカメラにつけてみた »