2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月29日 (日)

・1億画素のカメラのスマホ

中国のスマホメーカ、シャオミから一億画素のカメラを積んだスマホが出ました。
一億画素です。
フルサイズの長高画素機α7R4ですら6100万画素。


 

中判のGFX100でようやく1億画素です。


 

それがスマホで…。
サムスンセンサですが、サムスンもセンサーの技術が上がってきました。

センササイズは1/1.33inchと、スマホの中ではかなり大きめ。
ただし、一億画素もあるので画素ピッチは0.8μmしかありません。
画素ピッチが非常に狭いので、回折限界もかなりのF値になります。
回折限界はF1.2くらい。
それ以上暗いレンズだと、回折の影響で解像しません。

そして、このシャオミのスマホのレンズの明るさはF1.69
回折限界超えています。
クワッドピクセルセンサなので、普段は4画素加算の2700万画素として使用。


光学的に1億画素と今回のレンズでは解像しないのはわかりましたが
実際に撮影して比べてみました。

左:シャオミ108M
右:K-1 36M リアルレゾリューションで撮影
108m_-2_all

拡大
108m_-2_all1

解像チャートのくさびは最後までしっかり分かれています。
それなりに解像度は高いことがわかる。
3600万画素でも分かれているので、実際に1億画素の解像度があるのかどうかは
この画像では判断できませんが…。

108m_-2_all2

DeadLeavesのチャートをみると、模様がかなり消えかかっています。
ノイズリダクションによって、低振幅のエッジなどはかなりつぶれてしまっている。

108m_-2_all3

数字もかなり滲んでしまっています。
ノイズリダクションによって色差情報がかなり失われてしまっている。
ISO100ですが、画素ピッチが狭いゆえにノイズがひどいのだろう。

108m_-2_all4
草の部分もかなりディティールが失われています。
もはや1億画素は意味のない数値といえるレベル。
最近の一眼のISO6400位の絵に見えます。

108m_-2_all5

ジーメンスターも中心部分は色が混ざってしまっている。
中心以外の部分も不自然に色が混じっている場所があります。
クワッドピクセルセンサーなので補間が難しいのだろう。


一般シーン
左:シャオミ108M
右:K-1 36M リアルレゾリューションで撮影
108m_all_20191229221701

空の白飛びの部分は、さすがスマホ。
HDR重ね合わせによって白飛びが少なくなっている。
引きで見る分には悪くないように見えるが。

拡大
108m_all1

108m_all2

レンズ性能の差なのか、画素ピッチの差なのか
細かいディティールはほぼ失われています。
下手すると1200万画素程度のデジカメ以下の画質です。
木の葉っぱとか低振幅のディティールはほとんど潰れてしまっている。

108m_all3

木と空の境界部分はエッジがしっかりしていますが、
不自然さがあります。
異様な模様があり、GANとかで作り出したかのような雰囲気。


別のシーン
左:シャオミ108M
右:K-1 36M リアルレゾリューションで撮影
108m__all_20191229221701

拡大
108m__all1

108m__all4
建物の部分はエッジ強調でそれなりに解像があるように見えます。

 

108m__all3
芝生は全然解像していないのがよくわかる。


108m__all2
暗部はほとんど黒つぶれしてしまって、ディティールがありません。
低信号量の部分のノイズ処理が強すぎる。


結論として、画素数は1億画素あったとしても、
スマホの光学系では、その実力は発揮できていません。
画像処理時間、保存時間も数秒待たされるし、
1200万画素ぐらいがちょうどよさそうです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

 

2019年12月22日 (日)

・お台場花火、今年までの撮影場所

過去の記事
・お台場花火は花火撮影の練習に良い

・お台場レインボー花火撮影場所

去年まで10分間の打ち上げだったのですが、
2019年は5分になっていました。
5分だとかなりタイミングが限られますが、
打ち上がる花火が毎週ほぼ同じ順番なので、
次にどんな花火が来るか覚えておけば、構図などすぐに調整できます。

今年は最初の週は予定があったため、
3回のチャレンジでした。
うち二回は浜松町の貿易センタービルの展望台で撮影。

貿易センタービルは建て替えに伴い、
展望台の営業は2020年の夏頃までです。
つまり、この場所でお台場レインボー花火が撮影できるのは今年が最終。
また、最終週の28日の土曜日は年末年始休業のため、
12/21が本当の最後でした。

Resize170808 Resize170810

事前にGoogleEARTHで確認したとおり
レインボーブリッジと一緒に入る構図です。

今更ここでの撮影のコツを書いても仕方ないですが、
普通の夜景を撮るにあたっても大事になるので記載しておきます。

Resize170807

拡大
_raw_imgp4535

ソフトフィルターを使ったような感じに滲んでいます。
これはガラスに飛散防止フィルムが貼ってあるため。
(新しいビルであれば、
ガラス自体が飛散防止になっているのでフィルムがない)

フィルムの状態をよく確認しないと、
傷がたくさん入っている部分があるので
そこで撮影してしまうと滲んでしまいます。

Resize170811
ところどころ滲んでいる箇所がある。
確認するときは斜めから見て、街の光に透かすとわかりやすい。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

 

2019年12月21日 (土)

・アストロトレーサーを使うときは手袋に注意

ペンタックスの一眼レフに搭載されているアストロトレーサー機能。
この機能を用いると赤道儀を使わなくても星を止めて写真が撮れます。

Resize170096

アストロトレーサーが使える条件として
GPSが入る場所、精密キャリブレーションが行えること。

精密キャリブレーションとは地磁気の向きを正確に把握して
方位を認識するための儀式です。

Resize170093

冬にこの精密キャリブレーションを行うときは注意。
一度、何度試しても精密キャリブレーションがうまくいかないときがありました。

Resize170094

原因は手袋。
カメラマングローブのように、親指と人差し指が出せるグローブの場合、
マグネットがグローブに仕込まれていることがあります。

Mag
ここにマグネットが入っている。

この手袋をしたまま精密キャリブレーションを行おうとしても、
磁石による磁場の狂いによって何度やっても成功しません。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

 

2019年12月15日 (日)

・一枚の画像から深度マップを作る技術

深度マップとは画像の中での位置関係を表した図です。

Depth-1

この図の、左側が普通の写真。
右側が深度マップ(DepthMap)です。
色が黒いほうが手前側で、白いほうが奥側を表しています。
この深度マップを用いると、3Dデータを作れたり、
背景ぼかしを行うことができます。

Depth-5

この深度マップの作り方は、一般的には
二つの並べたカメラを用いることが多い。
人間の目と同じように、二つのカメラの視差から
距離を測定します。
最近のスマホに複数のカメラが付いているのはこれが理由の一つです。

最新の技術では、カメラが一つであっても
この深度マップを作製できるものがあります。
それがAI(DeepLearning)を用いた深度マップ生成。

Depth-2

人間はこの写真一枚でも、今までの経験上から
どのあたりが奥で、どのあたりが手前かがわかります。

AIも学習をさせれば、人間と同じように
単体の画像から深度を読み取れるようになります。
学習のためにはたくさんの正解データを用意する必要あり。
人間の経験に迫るほどの大量のデータを学習。

Depth-6

これらの2眼とかから作られた深度マップと
画像データをセットにしたものを大量に学習することで
人間に近い感覚の深度マップが作成できるようになります。

Depth-4

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

 

2019年12月 8日 (日)

・CURAのレンズクリーニングペーパーがおすすめ

レンズに付いた指紋を拭き取ったり、
水滴を拭き取るのにクリーニングクロスは
常に持ち歩きたい必需品です。

しかし、カメラバッグを複数使い分けていると
忘れてしまうということがあります。
また、クロスは使っているうちに
なかなか汚れが落ちにくくなってしまうこともあります。

水滴なんかだと、クロスが吸い込んだ水滴が
別の拭いたところに付いたりして苦労することもあります。

このような経験から、
私は使い捨てのクリーニングペーパーを使用しています。
クリーニングペーパーであれば、
常にきれいな状態のものが使えるし、
水滴を拭き取る際にも、一枚目で水分を除去して
二枚目できれいに仕上げる、といった使い方ができます。

クリーニングペーパーにもいくつか種類がありますが
おすすめのものが、CURAのペーパー。


 

拭き取り時の性能の高さが良い。
糸くずも出ません。

250枚入りのパッケージを買っていますが、
実際には、透明の袋に小分けして持ち運んでいます。

Resize170056

透明の袋はポストカードとかを入れるやつです。


 

azonxのA6サイズの袋が、
ビニールの厚み、大きさ的に取り出しやすく重宝しています。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

 

 

2019年12月 3日 (火)

・Kenkoトゥインクルスターフィルター

イルミネーションの季節になりました。
イルミネーション撮影で便利なクロスフィルターの一種、
トゥインクルクロスフィルターというものがケンコーから発売されました。


 

早速買ってみたので、通常のクロスフィルターとの違いを比べてみます。

外観
通常のスノークロスフィルター
Resize170054

トゥインクルクロス
Resize170055

通常のクロスフィルターは鋭い切込みがクロス状に入っていて
ここで光の回折が起こることによって光条が現れます

トゥインクルクロスでは
フィルターの表面に格子状の凹凸があるフィルムのようなものが
貼られています。
強い回折が起こらず、短い光条になるのだろう。

実写
フィルターなし
Resize170051

通常のクロスフィルター
Resize170053  

トゥインクルクロス
Resize170052

通常のクロスフィルターではレインボーブリッジの橋脚の周りに
きつめの光条が発生。
強い点光源の周りにも、とても長い光条が生じています。

一方、トゥインクルクロスは
クロス効果だけでなく、ソフトフィルターのように
光源周りにハロのようなものも発生します。
全体がふんわり。
ソフト効果もあるクロスフィルターといった感じ。

 

イルミネーションではソフトフィルターも効果的なので
このフィルターは、イルミネーションでは役に立つかも。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

 

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »