2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月23日 (月)

・ボケの中に現れるごみは何?

レンズによっては玉ボケの中にゴミが映りこむことがあります。

5_20200323214601

拡大
Imgp1517

これは何なのかというと、
レンズに入ったゴミなのですが、
特に、絞りより前にあるゴミです。

17

通常の撮影時にはほとんど気にならないのですが
背景が大きくボケるようなシーンでは
ボケの中にゴミが映るので気になってしまいます。
マクロレンズなど、ボケが大きくなるようなレンズでは気になりがち。

このゴミは自分で除去することが困難なので
気になる場合はメーカ窓口に持っていく必要があります。

この現象を逆に生かした撮影も実はできます。

Resize174079

玉ボケの中に桜の影。
下の図のように撮影しています。

4_20200323214701

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

 

2020年3月18日 (水)

・パノラマ写真の撮り方(合成編)

前回(撮影編)

撮影した後は合成です。
複数の画像をつなぎ合わせて一つの画像にするのですが、
単純に並べるだけだと、境目などがきれいにできません。
なので、専用の画像処理ソフトを使います。

パノラマ画像をつなぎ合わせることをスティッチといいます。
画像処理ソフトの定番といえばフォトショップ。
フォトショップでもパノラマ合成機能があります。

ファイル→自動処理→Photomargeを選択
ここから合成処理に入ります。


その前に、きれいに合成するために、
RAW現像処理もしっかりやっておくことをお勧めします。
RAW現像処理では以下の点に注意。

 

・ホワイトバランスはすべての画像で揃える
 ホワイトバランスがそろっていないと、
 つなぎ目が目立ってしまいます。
 AWBだと各画像が微妙に違っていたりするので注意。
 
・露出をすべての画像で揃える
 露出も同様に、そろっていないとつなぎ目が目立ちます。
 撮影時にマニュアル露出で撮ればほとんど問題ありません。
 もし、そうでないならば、ヒストグラムを見て、なるべく近づくように
 露出を微調整します。
 
・レンズ収差補正を行っておく
 特に問題となるのが、周辺減光歪曲収差
 合成時にも補正ができますが、RAW現像時に補正しておいたほうが
 きれいに仕上がります。


さて、合成のほうの話に戻ります。
Photomargeを選択すると下のようなウィンドウが開きます。

Photo_20200318213001

参照ボタンを押して、合成する画像を選びます。

レイアウトは自動でも割としっかりできますが、
星空の合成だと、星が点光源で位置合わせが難しいので、
「円筒法」を選んでおくとよい。


下のほうにあるチェックボックスですが、
「周辺光量補正」をすると、色飽和が起こったりする場合があります。
RAW現像時にしっかりと補正しておけば問題ないので、
ここはチェックを外したほうが良い。

「歪曲収差の補正」もRAW現像時に補正していますが、
チェックを入れたほうが比較的つなぎ目がきれいになりそうです。

歪み補正オフ
Default

歪み補正オン
Distotion_crrect

「コンテンツに応じた~」は好みです。
後で長方形に切り出す際に、チェックしておいたほうが
切り出しやすいかも。


最後にOKボタンを押してしばらく待てば完成します。

フォトショップを持っていない方は
フリーのソフトでもパノラマ合成できます。

ICEというソフトが簡単に合成できました。
Ice
その他、合成ソフトをまとめたサイトを見つけたため
リンクを張っておきます

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

 

2020年3月11日 (水)

・パノラマ写真の撮り方(撮影編)

Resize172801

こういった天の川のパノラマ写真。
これは魚眼レンズで撮ったのではありません。
下のような複数の写真を組み合わせています。

Resize172800

Resize172799

Resize172798

Resize172797

Resize172809

最近のスマホだとスイングパノラマモードとして
簡単に撮れる機能もあったりします。
しかし、一眼でしっかりと撮ろうとするとけっこう大変。

○必要な道具

三脚(雲台が取り外せるもの)
Resize172807

レベリング架台
Resize172805

パンが可能な雲台
Resize172806


三脚はそれなりにまともなものを買えば問題ありません。
レベリング架台とは、水平を精密に出すための台です。


 


アマゾンとかでも安いものが売っている。
あとは、パンが可能な雲台。
これも、2ハンドルタイプや、自由雲台でもパンノブがついていればOK。

○セッティング
三脚-レベリング架台-雲台
の順に取り付けます。

Resize172808
撮影場所が決まったら、レベリング架台でしっかりと水平を出します。最後に雲台にカメラをセット。
パノラマで撮影する起点と終点で
パンをさせてみて、カメラ内の水準器がどちらも水平になっていればOK。

12_20200311231201

ここで水平がちゃんと出ていないと、スティッチしたときに
下の写真のように水平線がグニャングニャになったり
合成時に破綻したりします。

Resize172802


次回、合成編

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

 

2020年3月 1日 (日)

・光害カットフィルターの効果はあと数年?

最近各社から発売されている光害カットフィルター。
星の写真を撮る際に、人工光をカットしてくれて、
星の光を通すとして人気です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

《新品アクセサリー》 Kenko (ケンコー) スターリーナイト 77mm【KK9N0D18P】
価格:8433円(税込、送料無料) (2020/3/1時点)

楽天で購入

 

このフィルターの仕組みとしては、
人工光でよく使われる
「ナトリウム灯」と「水銀灯」の波長の光だけ通さないというものです。

7_20200301205401

詳しい記事

しかし、最近では水銀灯は環境に良くないということで
製造や販売中止になってきています。
町の中にある街灯も水銀灯はほぼなくなってきました。

Resize172788
水銀灯(提灯ではなく、緑色の光)

オレンジの光のナトリウム灯はまだまだたくさんありますが、
今後どうなるかわかりません。

ナトリウム灯がなくなったら、現在売っている
光害カットフィルターは使えなくなってしまいます。


最近代わりに使われている光源はLEDです。

LEDの分光分布はこんな感じ。

Led

LEDは特定の波長に輝線があるのではなく
連続スペクトルになっています。
青い部分にいちおう輝線がありますが、ここをカットしても
殆どの光はカットできません。
どちらかというと、星の光と似たような感じのスペクトルです。

そのため、LEDの光を通さないようなフィルターを作ると、
星の光まで通さなくなってしまいます。
なので、LED似対応した光害カットフィルターはおそらく作られないと思います。

 

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

 

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »