2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ・最近のレンズではパープルフリンジが目立たない | トップページ | ・忠実色と記憶色 »

2020年6月15日 (月)

・光源によってパープルフリンジの出方は違う

おさらい
パープルフリンジの原因

パープルフリンジは光の色による
屈折率の違いによって発生します。
つまり、光源の色によって
発生しやすかったりしにくかったりします。

かんたんな実験をしてみました。

Fring-2

小さな穴を通る光を
フリンジが出やすいレンズを使って撮影します。
この穴の縁にフリンジが出ます。
後ろに置く光源は今回は4種類。
白熱灯、白色LED、赤色LED、ストロボ。

各光源の分光は以下のようになっています
Fring-1

白熱灯
_raw_a
青いフリンジが大きく広がって、グラデーションっぽく消えていく

白色LED
_raw_mixled
フリンジの幅は白熱灯より少ないが、
強めに出ている

赤色LED
_raw_led
青い成分を含まないのでフリンジが発生しない。
(フチに見える赤い色づきは回折によるものと思われる)

ストロボ
_raw_
分光的には太陽光に近いが、青い成分も多く含むので
強めのフリンジが出ている。

今回は青系のフリンジが出やすいレンズを用いましたが、
紫のフリンジが出るレンズだとまた違う傾向になる可能性もある。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

 

« ・最近のレンズではパープルフリンジが目立たない | トップページ | ・忠実色と記憶色 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ・最近のレンズではパープルフリンジが目立たない | トップページ | ・忠実色と記憶色 »