2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« ・大波月海岸 | トップページ | ・角形フィルター多用時Tips »

2020年9月30日 (水)

・トリミング前提で撮影の構図を考えてみる

写真の構図を決めるのは撮影時に
ファインダーで決めるのが前提です。

しかし、場合によってはトリミングを前提として
撮影時に構図を決めることもあります。

下の写真はトリミングを前提として撮影しています。
Resize175523

無駄な芝生部分が画面下部を占めていますが
ここはトリミングでカットすることを前提としました。

トリミング後
Resize175522  

画像下部を大幅にカットすることで
建物をシフトレンズで撮影したかのように正立させることができました。

普通に撮るとこうなります。
Resize175524


また、この写真は画像下部の水面がかなりの面積を占めています。
Resize175520
しかしこれはトリミング前提で、横幅を稼ぐためにこの画角で撮影しました。
トリミング後
Resize175532

特にこのシーンでは、
画像の下のほうの、水面が明るくなっているところをを
あえてカットすることで、全体的にアンダーなトーンに仕上げています。

Resize175521
この場所は背景の山が低く、4:3だと
空が写りこんでしまう。
空を感じさせないことで、山奥という感じを出すことができます。

 

そのほかには、望遠が足りない場合、
後でトリミングして対応することを前提に構図を決めることもあります。
(鉄道の人にとっては邪道のようですが)

Resize175530

トリミング後
Resize175531

この写真は、水族館で望遠側が200mmしか持っていかなかった時のものです。
トリミングという考え方というよりは、
APS-Cや4/3サイズセンサのカメラで撮ったように
「クロップ」として使用することもできます。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

 

« ・大波月海岸 | トップページ | ・角形フィルター多用時Tips »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ・大波月海岸 | トップページ | ・角形フィルター多用時Tips »