2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« ・角形フィルター多用時Tips | トップページ | ・角形フィルター多用時Tips2 »

2020年10月 7日 (水)

・センサに平行な面があるとゴーストが発生しやすい。

レンズに付けるフィルターを複数使うと、
どうしてもゴーストが発生しやすくなります。

いくらコーティングをして
反射率を抑えたフィルターでもゼロにはできません。
(ゴーストを抑えることこそがレンズ性能でも重要ですが
 カメラメーカが大量の資金をかけてもゼロにはできていない)

特に、センサに対して平行な面は、
ゴーストが発生しやすいため、レンズ設計の上でも
なるべく、平行な面は作らないように
曲率を持たせるようにしています。

Pararelmen-1

レンズ設計でゴースト対策は基本的にレンズの配置を
気を付けるのが第一です。
設計上、どうしても取れないゴーストは、コーティングで軽減しています。

Pararelmen-2

そのため、レンズに付けるフィルターは
フィルターの特殊効果を得るため以外には
なるべくつけないことが有利です。
特に保護フィルターは、
水辺や砂埃がある場所以外で付ける意味がわからない。
(レンズフードのほうがよっぽど効果的です)

※初心者の方などは、フードを付けずに
 保護フィルターだけつけている人が非常に多い。
 カメラ量販店で、
 アクセサリーも抱き合わせで購入させているからなのですが。。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

 

 

« ・角形フィルター多用時Tips | トップページ | ・角形フィルター多用時Tips2 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ・角形フィルター多用時Tips | トップページ | ・角形フィルター多用時Tips2 »