2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« ・超難しいUSB規格 | トップページ | ・寒い中での撮影支援アイテム »

2021年1月 1日 (金)

・triangleGND使い方

KANIfilterから発売されている
超特殊なハーフNDの一つとして
Obtuse triangle GND 0.9 100*150mmがあります。

Resize176358

このフィルターが活かせるシーンは
山あいや街の路地からの撮影です。

Resize176357

空の部分にND効果を入れて
輝度差をなくしている。

適切な使用シーンで使えば効果的ですが
使い方が難しいフィルターです。

100mm幅ホルダーに付けた様子

100mm幅ホルダーにつけると
このように横向きにセットすることになります。

すると、動かせる方向は横方向だけ。
1_20210101193701

すると撮影できる写真としては、どうなるかというと、

2_20210101193801

このように、NDのかかる部分が横にしか動かせない。
横に動かすだけでうまく構図にハマればよいのですが
あまりそういった場面はない。
どちらかというと縦に動かしたい場合が多い。

3_20210101193801

空の割合をどの程度にするかが構図では大事になることが多い。
なんとかND効果をピッタリ空に合わせるためには、
カメラを下に向けるしかない。
Resize176359

この構図にすると五重塔が切れてしまう…。
なので、このフィルターを使用するときは
少し広角で撮影しておいて、
それをトリミングするのが簡単な方法の一つ。

ただし、このフィルターは縦方向に絶対動かせない、
というわけではありません。
100mm幅のホルダーのときに動かせないだけです。
ホルダーを使わずに手持ちでレンズの前にかざせば
自由に動かせる。
手持ち用の専用道具もあります。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KANIフィルター ハンドルホルダー 100mm幅用
価格:6880円(税込、送料無料) (2021/1/1時点)

楽天で購入

 

また、長辺が150mmなので
150mm幅のホルダーを使うと上下方向に動かすことができます。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KANIフィルター 150mmホルダー フィルター固定側外枠のみ
価格:11680円(税込、送料無料) (2021/1/1時点)

楽天で購入

 

このフィルターに限らず、
ハードタイプのハーフNDフィルターを使うときは
NDとの境界が空の部分に来ないようにするのがコツです。

Resize176356

この写真のように、空に境界がかかってしまうと
かなり目立つ。
建物など暗い部分にかければ目立たず、
ごまかすことができます。

普通に縦位置で使えるtryangleGNDもありますが、
三角部分の角度が緩やかなObtuse のほうが、
建物などで境界を目立たなくするのが簡単。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KANIフィルター インバーテッドトライアングル GND 0.9 100x150mm (減光効果 3絞り分) 角型
価格:22800円(税込、送料無料) (2021/1/1時点)

楽天で購入

 

 

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

 

« ・超難しいUSB規格 | トップページ | ・寒い中での撮影支援アイテム »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ・超難しいUSB規格 | トップページ | ・寒い中での撮影支援アイテム »