2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ・KPのグリップを自作 | トップページ | ・バリアングル液晶機種の汎用Lブラケット »

2021年2月20日 (土)

・特定の光の波長をカットするフィルター

カメラに使うフィルターには、
NDフィルターやソフトフィルターなどのほかに
特定の波長の光をカットするフィルターもあります。

入門者が最初に手にするであろう物がUVカットフィルター。


 


文字通りUV(紫外線)をカットします。
Zeta_uv_graphthumb500xauto22992

効果としては、夏などに遠景などで遠くの山を
わずかにすっきり見せることができます。
色かぶりがないので、保護フィルター代わりに使っている人もいる。

ただし、個人的にはデジカメにUVカットフィルターの意味は
ほとんどないと思っている。
なぜなら、撮像素子の前にUV-IRカットフィルターがついているからです。

Resize176468

分解したカメラから取り出したUV-IRカットフィルター。
ガラス自体に色がついている吸収型と、
コーティングによる干渉型の2つを合わせたハイブリッドタイプです。
このフィルターは単にIRカットフィルターということもあります。

特性としては以下のような感じです。

Ir7

紫外線のほかに赤外線もカットします。
このように特定の波長域だけを通すフィルターをバンドパスフィルターという。


なぜカメラの中にこのフィルターが入っているのかというと、
人間の目に見えない波長(紫外線や赤外線)が写ってしまうと
色再現が変なことになるためです。
人間の目に見えない光が写ると違和感が生じる。

Resize176466
UV-IRカットフィルターを外したカメラで撮影した画像。
赤外線による影響で全体的に赤かぶりしている。

UV-IRカットフィルターを外したカメラで
赤外線だけを撮影するフィルターもあります。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KANI 天体用フィルター R-640 52mm / レンズフィルター 星雲 天体 丸枠
価格:7200円(税込、送料無料) (2021/2/20時点)

楽天で購入

 

Bdc8fb_e31c76a90f8140dc92c6a5ba620fa459m
このように、赤外領域だけを通過させるフィルターです。
こういったを用いて撮影した写真

Resize176467
真っ赤になってしまいますが、
画像処理を施すと葉っぱが白くなる不思議な写真となる。
Resize176469

特定の波長を通すフィルターとして
比較的有名なものが、光害カットフィルターです。

光害カットフィルターは人口光でよく使われる
ナトリウム灯や水銀灯の波長だけをカットするフィルターです。
星の写真を撮る際に人口光を減らすために使用することが多い。
こんなに複雑な分光特性を持っています。

Spt_3

効果はこの記事に比較を載せています


特定の波長をカットするフィルターの究極が
ナローバンドフィルターです。
特定の波長「しか」通さないフィルターです。

Duo_narrow


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

STC Astro-Duo Narrowband Filter Sony α7(α7/α7S/α7R/α7SII/α7II/α7RII/α 9/α7RIII/α7III)
価格:54780円(税込、送料別) (2021/2/20時点)

楽天で購入

 

特殊すぎて、使うシーンも限られます。
産業用途か天体用途くらい。

上記のフィルターは天体用で、
主に赤い星雲を撮影する際に使います。

フィルターなし
Resize176465

フィルターあり
Resize176464

このフィルターは分光が特殊すぎてカラーバランスが
おかしくなっています。
(赤とシアン系の色しか出ていない)
しかし、星空の中の赤い星雲が強調されていることがわかる。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・KPのグリップを自作 | トップページ | ・バリアングル液晶機種の汎用Lブラケット »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ・KPのグリップを自作 | トップページ | ・バリアングル液晶機種の汎用Lブラケット »