2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ・UHS-II規格のSDカード | トップページ | ・ナローバンドフィルターを購入 »

2021年3月12日 (金)

・夢のグローバルシャッターが現実的に

ソニーから大判のグローバルシャッターセンサーが発表されました。

リンク

センサーサイズは3.6型(対角56.73mm。46.2×32.9mm)
3.6型というとわかりにくいですが、
ペンタックスの645Zや富士フイルムの中判とほぼ同じ大きさ。
フルサイズセンサーより大きいです。

グローバルシャッターの利点としては、
フリッカーによる影響がない、ローリングひずみがない、ストロボ同調速度を気にしなくてよい。
の3つです。

今回発表されたセンサーは産業用途。
主に工場のラインで、高速流れる製品の品質チェックとかする際に用いられる。

早くコンシューマカメラに普及してほしい、が何が課題なのだろう。

1:値段が高い。
このセンサ、値段は150万円。
センサだけでこの値段。普通に買える値段ではありません。


2:画質的な問題
最近の撮像素子は非常に広いダイナミックレンジを持っています。
大体14段~15段。
シャドー側のノイズが少なくなっていて、段数が上がっています。
言い換えると、高感度にも強くなっています。
グローバルシャッターになると、撮像素子に専用の回路が必要になるだろう。
各画素の開口が小さくなるなどで、今の通常センサよりも劣化が予想されます。

コンシューマカメラでも、一昔前のセンサよりは十分良い画質を出すと思いますが
他社や過去機種と比較されて、ネットでぼろくそ書かれるのが今の世の中…。


コンシューマカメラに導入されるのはもう少し先なのかも。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

 

 

« ・UHS-II規格のSDカード | トップページ | ・ナローバンドフィルターを購入 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ・UHS-II規格のSDカード | トップページ | ・ナローバンドフィルターを購入 »