2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ・超広角レンズとソフトフィルターの相性 | トップページ | ・小道具を使って表現の幅を広げる »

2021年5月14日 (金)

・一眼レフのAFはもはやミラーレスにかなわない

ミラーレスが世の中に初めて登場したころは
「AFの早さならは一眼レフ」などと言われていました。
その頃は、ミラーレスでのAF方式はコントラストAFしかなく、
原理的にピント位置を見つけるのに時間がかかったためです。

一方、一眼レフに搭載されているAFユニットは位相差AFなので
一発で合焦場所がわかります。

しかし、2020年ごろには、もはや「AFならミラーレス」に変わっています。

まず、像面位相差AFやデュアルピクセルAFの登場で
ミラーレスでも位相差AF相当の速度が出せるようになったこと。


また、暗所性能はミラーレスのほうが優れています。
例:
2021年の最新一眼レフPENTAX K-3 mrkIIIの低照度は-4EVまで(公称値)


 


2021年の最新ミラーレスキヤノン EOS Rの低照度は-6EVまで(公称値)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

★キヤノン / CANON EOS R5 ボディ 【デジタル一眼カメラ】【送料無料】
価格:474020円(税込、送料無料) (2021/5/14時点)

楽天で購入

 

もはや-6EVとなると、人間の目でも見えないような暗さです。
(目で見えない散光星雲ほどの明るさ)
Resizeorion2
上記写真のもやもやの部分

なぜミラーレスのほうが暗所に強いのか。
それは、撮像素子全体で光を取り込むことができるためです。
最近の撮像素子は高感度性能もよくなっているので、それに伴い
暗所でのAFも可能になります。
また、AF用の画素がたくさんあるので、
画素加算を行ってノイズを減らし、暗所対策などもできます。

一眼レフでもプロ用の最高級機では、AFユニットに撮像素子のようなCMOSを搭載しています。
Featureaeafafsensor
キヤノンEOS1DXmrkIIIのページ


そして、ミラーレスが有利な事の決定的な理由がAIの進化です。

AIを用いた顔検出、瞳検出、動物検出、飛行機検出、、等は
画像を解析して見つけています。

ミラーレスではライブビュー状態なので、常に撮像素子から画像を取り込んでいます。
これらの画像を解析することで様々なAI検出機能を活用することができます。

一眼レフでも黙ってみているだけではなく、
測光センサで取り込んだ画像を用いてAIを使用することもしています。
02rsasimg01
ペンタックスのRGBIR測光センサ(30.7万画素)

最近は、AIによる検出、位相差情報、その他情報を組み合わせたAFアルゴリズムで
動体追尾やAF精度を上げてきています。

これらをメインの撮像素子一つで行えるミラーレスは画素数などもありAFの観点では絶対的に有利。
AF、画像解析、AEそれぞれで専用のセンサを持つにはコストがかかりすぎます。

« ・超広角レンズとソフトフィルターの相性 | トップページ | ・小道具を使って表現の幅を広げる »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ・超広角レンズとソフトフィルターの相性 | トップページ | ・小道具を使って表現の幅を広げる »