2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ・アトムレンズの黄変を直す | トップページ | ・星景写真でのブラックミストフィルター »

2021年8月25日 (水)

・Amazonの超激安望遠レンズの性能

最近、アマゾンで超激安の望遠レンズが販売されています。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

EOSEFマウントDSLR用420-800mmF / 8.3-16HD手動望遠ズームレンズ
価格:11115円(税込、送料無料) (2021/8/25時点)

楽天で購入

 


楽天でも売っている。

焦点距離がなんと420-800mmのズームで、
私が買ったときはなんと5060円でした。

ちなみにこのレンズ、VARI 8001S 420mm~800mmというレンズのコピー品。
コピー元はちゃんとした日本製で、セミアポクロマート設計になっているとの事。
望遠鏡的な構造なので、重さは520gと軽い。
マウントはTマウントなので、アダプタがあればどのメーカのカメラにもつけることができます。


超望遠なのにこの値段、性能はどうなのか。確認をしてみました。
本当ならカメラメーカの800mmレンズと比較をしたいところですが、
100万円を超えるレンズはさすがに持っていないので、
とりあえず手元にある一番の望遠レンズDA55-300PLMを使用。


 

まずはワイド端の420mm

格安望遠420mm
Resize176912

DA55-300PLM (開放F6.3)
Resize176906

拡大(中心付近)
左:格安望遠 右:DA55-300
Imgp4231_all

5000円の望遠レンズにしては解像しているのがわかります。
ただ、値段なりと感じるのが、全体的なフレアっぽさと、軸上色収差。
(55-300は焦点距離分の解像度が低い)

あとは周辺部の画質です。

拡大(周辺部)
Imgp4231_all1

APS-Cやマイクロフォーサーズなら周辺は使われないので
許容できるかもしれない。

念のため、条件を同じにするために55-300のF値をF8まで絞ったとき

左:格安望遠 右:DA55-300
Imgp4231_all2

少し絞るだけでDA55-300はかなり良くなるのがわかる。
ちなみに格安望遠は絞りがない。


次にテレ端の800mm
Resize176908

拡大
Small800

テレ端だと中心付近でもかなり収差が大きく出ていて厳しいことがわかる。

 


望遠レンズといえば、800mmの天体望遠鏡(アメリカン遊星號)も持っているので、これとも比べてみました。

アメリカン遊星號は800mmF16とスペックがたまたま同じ。
お値段も7300円なので同じくらいです。

望遠鏡は反射式じゃない場合は焦点距離≒鏡筒の長さなので大きいです。
上が今回の激安望遠レンズ、下が天体望遠鏡。
Resize176911

格安望遠
Resize176905

望遠鏡
Resize176904  

拡大
左:格安望遠 右:望遠鏡
 Imgp4327_all

値段が同じくらいでも望遠鏡のほうが格段に解像力が高い。

« ・アトムレンズの黄変を直す | トップページ | ・星景写真でのブラックミストフィルター »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ・アトムレンズの黄変を直す | トップページ | ・星景写真でのブラックミストフィルター »