2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・マルミのスタースケープフィルターを確認 | トップページ | ・防水三脚 »

2021年9月25日 (土)

・スクリューマウントでマクロ撮影

最近、独特の収差を楽しむためにオールドレンズを購入しました。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 (マイヤー) Meyer Domiplan50/2.8(M42)【中古レンズ MFレンズ】 ランク:B
価格:13000円(税込、送料別) (2021/9/25時点)

楽天で購入

 


MeyerOpticsのDomiplanというレンズです。
このレンズはTriplanほどではないですが、
バブルボケをお手軽な値段で楽しむことができます。

Resize176949

このレンズの欠点が最短撮影距離が75cmなので、被写体に寄れない。
Resize176948

これ以上寄るとピントが合わない。
Macro-2
下側図のように、被写体が近くなると撮像面でピントが合わなくなります。
こういった場合にピントを合わせるためにはレンズを被写体側に近づける(レンズを繰り出す)と
近接撮影でもピントを合わせることが可能。
Macro-1

この仕組みを利用したのがエクステンションチューブと言われているものです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Commlite CM-MET-EOS R エクステンションチューブ(キヤノンRFマウント)電子接点付き
価格:7920円(税込、送料無料) (2021/9/25時点)

楽天で購入

 

 


ところでこのDomiplanというレンズはマウントアダプタを用いて、M42マウントで使用します。
M42マウントはねじ込み式のスクリューマウントです。
Resize176947

ということは、ねじ込みを緩めれば若干レンズを繰り出せることになる。
緩めすぎて落とさないように気を付ければ。

普通に撮影
Resize176946

緩めて撮影
Resize176945

これだけ寄れる距離が縮まりました。

« ・マルミのスタースケープフィルターを確認 | トップページ | ・防水三脚 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ・マルミのスタースケープフィルターを確認 | トップページ | ・防水三脚 »