2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ・都心での新星景写真 撮影方法 | トップページ | ・都心での新星景写真 現像方法 »

2022年1月15日 (土)

・DFA21mm limitedで角形フィルター使用方法

ペンタックスの新しいフルフレーム用limitedレンズの
DFA21mmを購入しました。

ペンタックスのフルフレーム用の超広角20mm相当のレンズは
ほとんどありません。
純正の15-30mmかSAMYANGの20mmF1.8くらい。

純正の15-30mmは前玉が出っ張っているため、
角形フィルタを付けようとすると、フィルタ幅150mmの大きなものを付ける必要があります。
一方、焦点距離20mmくらいであればフィルタ幅100mmのものが使えるので経済的。


DFA21mmは径が67mmの溝が切ってあるので
円形フィルタは使えるのですが、フード一体型のため角形フィルタは使えないと思われた。
なぜフード一体型のデザインにした!
FA31mmみたいでかっこいいけどさ…

 

21mmという超広角焦点距離は、風景や花火で使いたい。
しかし、その際ハーフNDなどの角形フィルタが使えないのはツライ。

何とか既存のフィルターホルダーでDFA21mmに流用できるのはないかと
フィルタホルダを取り扱っているKANIのオフィスにお邪魔しました。

その結果、工夫すれば使えるものがありました!
オリンパスのED7-14mmf2.8pro用のホルダーアダプタです。

そのまま使うと隙間が空いてしまうため、
スポンジがついた遮光パットを切って張っています。
Resize180309

大体、2枚重ねにするとぴったりです。

遮光シールは、角型のNDにつける遮光パットの中心部分を切って流用。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KANIフィルター 100mm角用遮光パット 5枚入 / ガスケット
価格:1500円(税込、送料別) (2022/1/15時点)

楽天で購入

こんな感じでレンズにつけられます。
Resize180310 

Resize180308

フィルタホルダーを斜め45度にしたときのみ僅かに四隅がけられますが
正位置(縦横)で使う分には全く問題ありません。

DFA21mm良いレンズだけど、角形使えないのがなーと思っていた方は
この方法で対応可能。

« ・都心での新星景写真 撮影方法 | トップページ | ・都心での新星景写真 現像方法 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ・都心での新星景写真 撮影方法 | トップページ | ・都心での新星景写真 現像方法 »