2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・メタサーフェスでカメラ技術のブレイクスルーが起きる? | トップページ | ・ミラーレスのレンズを一眼レフにつける »

2022年3月23日 (水)

・メニスカスレンズとは

写真レンズを構成するレンズは
一つ一つは凸レンズと凹レンズの組み合わせです。

凸レンズは虫眼鏡で使われるレンズで、光を集めます。
これを正のパワーを持つレンズという。

凹レンズはメガネで使われるレンズで、光を発散させます。
これを負のパワーを持つレンズといいます。

正のパワーと負のパワーとは 

単純な凸レンズや凹レンズは
両面凸レンズや両面凹レンズのことを言います。

Menisukasu-1

凸レンズは、中心が厚くて周辺が薄いレンズなので、
こういうレンズも作れます

Menisukasu13

同様に凹レンズは中心が薄くて周辺が厚いレンズなので、
こういうレンズも作れます。

Menisukasu-3

こういった、片面凸、片面凹のレンズをメニスカスレンズといいます。
これの利点は、単純な両面凸レンズとかに比べて収差を抑えることができること。
同じ焦点距離でも様々なレンズが作れます。
Menisukasu-2

« ・メタサーフェスでカメラ技術のブレイクスルーが起きる? | トップページ | ・ミラーレスのレンズを一眼レフにつける »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ・メタサーフェスでカメラ技術のブレイクスルーが起きる? | トップページ | ・ミラーレスのレンズを一眼レフにつける »