2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ・ペンタックスからニコンZ8に乗り換え時の設定 | トップページ | ・生成系AIがあれば写真を撮影する必要はないのか? »

2023年7月20日 (木)

・ホワイトミストフィルター×ヒメボタル

ヒメボタル撮影は単調になりがちなので
何かヒメボタルの玉ボケを面白く表現できないかを色々考えてきました。

星形や桜型のフィルターを使う
Resezed184279
 

ソフトフォーカスレンズを使う
Resezed184275

バブルボケのレンズを使う
Resezed184277

・ロシアの星ボケになるレンズ(indaster)を使う
 →これはF8くらいまで絞らないといけないので非常に難しい…。
Resezed184276


イルミネーションで活躍するソフト系のフィルターも試してみました。
ただし、モノによっては玉ボケの中にざらざら模様が発生してしまうので
注意が必要です。

今回はKANIのホワイトミストNo5を使いました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KANI ホワイトプレミアムミスト No5 82mm / ソフトフィルター
価格:10,800円(税込、送料別) (2023/7/20時点)

楽天で購入

 


ソフト効果がなるべく強く、かつざらざら模様が発生しないものを選択。
カメラ2台並べて比較撮影したものがこちら。
なるべく条件を合わせていますが、レンズが違うので厳密に合わせられない…。

フィルターなし
Resezed184282

ホワイトミストフィルター使用

Resezed184281
 

違いは思ったよりありませんが、ホワイトミストを使ったほうが
蛍の光が若干柔らかくなっています。
中心部分の光が集まってるあたりで色飽和しがちだったところが
光の重なりがわかるようになっています。

もっとわかりやすい撮影ができたら、また記載したいと思います。

比較ではないが、ホワイトミストフィルターを使用して撮影した写真

Resezed184283

 

« ・ペンタックスからニコンZ8に乗り換え時の設定 | トップページ | ・生成系AIがあれば写真を撮影する必要はないのか? »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ・ペンタックスからニコンZ8に乗り換え時の設定 | トップページ | ・生成系AIがあれば写真を撮影する必要はないのか? »