2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ・コンピュテーショナルフォトグラフとは | トップページ | ・レンズ光学性能とセンサー解像度 »

2023年10月 5日 (木)

・フィルターに最適なガラス素材は?

保護フィルターやNDフィルターなどに使われているガラスの種類。
殆どの人は気にしないと思いますがほとんどはB270という種類のガラスが使用されています。

マルミの最高位保護フィルターはS-BSL7を使用と記載。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PRIME-レンズプロテクト-A58 マルミ PRIME レンズプロテクト 58mm
価格:7,980円(税込、送料別) (2023/10/5時点)

楽天で購入

 

保護フィルターではガラスの平面性やコーティングをアピールしていて、
それも大事ですがガラスの種類も大事になります。

フィルターは平行平面板ですが、以前の記事で
平行平面版が入るだけで光学的には像が劣化することを記載しました。

平行平面板無しの時
Grass-3

平行平面板アリの時
Grass-2

かなり強調して書いていますがガラスの平面性やコーティングが理想的な場合でも
ガラス板の屈折率や分散によって像が劣化しています。
そうすると、なるべく屈折率が小さく、分散も小さいガラス素材が良いということになります。

ガラスマップで言うと左下のほうのガラスのほうです。
Grass-1

この図で見るとB270よりもS-BSL7のほうが分散が小さい。
S-BSL7はBK7ともいわれており、
ガラスペンタプリズムや写真レンズで一般的に使われているガラス硝材です。

もちろん、加工のしやすさ、屈折率の均一性、透明性、割れにくさ、値段なども大事です。
とくに角型フィルタは割れにくさと価格が大事。

 

« ・コンピュテーショナルフォトグラフとは | トップページ | ・レンズ光学性能とセンサー解像度 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ・コンピュテーショナルフォトグラフとは | トップページ | ・レンズ光学性能とセンサー解像度 »