2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

携帯・デジカメ

2018年10月25日 (木)

・iPhoneXsのカメラ画質を確認2

前回:チャート編

今回はチャートではわからないことも
あるので実写です。

まず画像を比較前に簡単にレンズなどのスペックを。
デュアルカメラですが、とりあえずWide側を。

iPhoneX
35mm換算28mm相当 F1.8
光学手ブレ補正

iPhoneXs
35mm換算26mm相当 F1.8
光学手ブレ補正
センサ内でHDR合成をする技術搭載(予想)

また、別件ですが、
内蔵LEDフラッシュの演色性が非常に上がっています。
これまでの機種では赤の再現が全くだめだったのですが、
iPhoneXsのLEDフラッシュは赤の色がちゃんと出るようになっています

さて、実際の画像

iPhoneX
Resize165847

iPhoneXs
Resize165846

等倍拡大

左:iPhoneX 右:iPhoneXs
Iphone1

このシーンでは木のような暗部が
以前よりより沈んでいます。
その分ノイズが目立たなくなりました。

iPhoneX
Resize165834

iPhoneXs
Resize165835

iPhoneXsのほうが露出が暗くなりました。

等倍拡大
左:iPhoneX 右:iPhoneXs
Iphone2
空のノイズが圧倒的に減りました。
また、白飛びが少なくなっている。
ただ、塗り絵調の描写になってしまっている。

iPhoneX
Resize165838

iPhoneXs
Resize165843

このシーンでは、太陽周りの雲の白飛びが
圧倒的に減っています。
ただ、太陽のような強い光源の周りだと
白飛びしてしまったほうが光の強さを感じられます。
iPhoneXsは写真としてみると違和感があります。

iPhoneX
Resize165842

iPhoneXs
Resize165841_2

等倍拡大
左:iPhoneX 右:iPhoneXs
Iphone3
水面の反射部分のパープルフリンジが減りました。
以前もフリンジ除去の処理をしてた形跡がありますが
除去しきれていない。
光学的にレンズ収差を改善したのだろうか。

iPhoneX
Resize165839

iPhoneXs
Resize165845

このシーンも写真としての見栄えはiPhoneXのほうが良い。
Xsでハイライトは飛ばなくなったが、
雲の部分がオレンジにベタッとしてしまっている。

ちなみにAPS-C一眼レフでも同じシーンを撮りましたが、
ハーフNDを入れないとダイナミックレンジが広すぎて
完全に白飛びしてしまいます。

Resize165833

夜景シーンはHDRによる
ダイナミックレンジの効果がわかりやすいです。

iPhoneX
Resize165825_2

iPhoneXs
Resize165831_2

アイスの看板だけでなく、店舗内も白飛びしていない。

HDRの性能が高すぎて違和感を持つシーンは
太陽以外にもありました。

iPhoneX
Resize165840

iPhoneXs
Resize165844

これまでの普通の写真に見慣れている人は
上がわのiPhoneXのほうがしっくり来ると思います。
Xsは街灯が白飛びせずオレンジに残っていて、違和感。

iPhoneX
Resize165836

iPhoneXs
Resize165837

夕暮れ時の植物の緑があるシーンでは、
AWBが難しくて、マゼンタっぽくなることが多いのですが
(蛍光灯と判断されて、緑の補色のマゼンタを強めてしまう)
iPhoneXsでは改善しています。

iPhoneX
Resize165849_3

iPhoneXs
Resize165848

等倍拡大
左:iPhoneX 右:iPhoneXs
Iphone4
芝生は質感再現が難しい被写体の代名詞ですが
iPhoneXsではかなり自然な描写になっています。

ボケ機能の確認や、
セルフィーはまだ十分に検証ができていませんが
普通に風景を撮るだけならば、iPhoneだけで
かなり良い写真が撮れるだろう。

しかしスマホカメラの進化は早い。
高級コンデジなんかも、すぐに危うくなってきそう。
(iPhoneはRAWも撮れるし)

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2018年10月23日 (火)

・iPhoneXsのカメラ画質を確認1

以前
iPhoneXの画質を確認
iPhone6の画質を確認

2013年にスマホじゃダメな理由というような記事を書きました。
しかし、スマホカメラの画質の進化は早い。
もはや、被写体によってはスマホで十分
むしろスマホのほうが良い、というレベルまで来ました。

フルサイズ一眼レフで撮影
Resize165828

iPhoneXs Maxで撮影
Resize165829

等倍表示をすれば、さすがにスマホのほうが不利ですが、
撮って出しのjpegではiPhoneのほうが
白とびがしにくく、ダイナミックレンジが広いのが分かります。
(そもそもアンダー気味ではあるが)

いつものチャートを撮影

iPhoneX
Resize165832

iPhoneXs
Resize165826

今回のiPhoneXsのカメラの売りがスマートHDRであるように、
右の方のLED光源部分の白とびが抑えられています。
また、Exifを見るとiPhoneXではISO20だったのが、iPhoneXsではISO80になっています。
これまで、iPhoneのExif表記が変だったので、ちゃんとCIPA基準に合わせたっぽい。

等倍比較
左:iPhoneX 右:iPhoneXs Max
2
お札の模様のようなコントラストが高い模様はあまり差が見えない。

4
しかし、毛玉のようなコントラストの低い物の質感は失われています。
無理なエッジ強調をかけなくなったとも言える。

Iphone1
薄い色の文字は、紫が読めなくなっています。
この被写体はどのカメラでもキツイのですが…。

暗くした状態で比較
iPhoneX
Resize165830

iPhoneXs
Resize165827

iPhoneXよりも低照度時のAEターゲットが下がっているのか、
暗くなっています。
暗いところではより暗く写す思想なのかも。

等倍比較
左:iPhoneX 右:iPhoneXs Max
Iphone10
ミクのディティールがXsのほうが残っています。
しかし、ネクタイの色の青などは
以前のほうが色が残っている。

Iphone11
お札のコントラストやディティールはiPhoneXsが良いですが、
その上にあるDeadleavesチャートはディティールが失われている。

Iphone12
平坦部を見ると、iPhoneXsでノイズが少なくなっていることがわかります。
ノイズが残っていても、高周波なノイズなので嫌味はない。
また、カラーノイズも減っています。
(ただし、弊害で低彩度の色が抜ける)

次回は実写確認をします。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2018年5月10日 (木)

カシオがデジカメ事業撤退

デジカメはコンデジだけでずっと頑張っていたカシオが
とうとう事業撤退とのこと。

デジカメ事業撤退した会社ならたくさんあるでしょ?と思うかもしれません。
しかし、カシオの撤退はその他の会社よりも衝撃的です。

いわゆる、デジカメを初めて民生用に発売した会社が
キヤノンでもニコンでもなく、カシオだからです。
QV-10というのが世界初のデジカメです。

Qv10_2
(画像はWikipediaより)

最近は自撮り特化のデジカメを海外展開などしていたのですが
やはりスマホに押されて厳しかったのだろう、、

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2018年3月 1日 (木)

トキナーの50mmF1.4

過去によくレンズで協業していたペンタックスとトキナーですが
新しく発表されたトキナーの50mmF1.4が
ペンタックスのDFA50mmF1.4にとても似ています。

ペンタのレンズ

Hd_pentaxd_fa_50mm

トキナーのレンズ

Tokina_opera_50mm_f14ff

スイッチの位置や形などほぼ同じ。
ペンタックスのフルサイズデジタル一眼用レンズで
DFA15-30mmとDFA24-70mmは
完全にタムロンのOEMのような感じでした。

ただ、今回はペンタックスのほうが先に発表しているし、
過去の協業を考えるとペンタックス主体開発のように思えます。

※同じレンズがキヤノン用、ニコン用で出るとなると
 このレンズがあるからペンタックスを選ぶ!というモチベーションが下がりそう…。

2018年2月22日 (木)

ペンタックスからK-1IIがついに発表

ペンタの新ボディがようやく発表されました。
K-1II。

スペックはほぼほぼそのままで、
アクセラレータユニット追加により、高感度処理が良くなっているとのこと。
⇒これはRAWにNRかけられるユニットなのか?
 でなければ、PCでRAW現像する人にはあまり意味のないものに…。

ただ、アクセラレータユニットは電源喰いなので、
電池持ちがどの程度悪化するかが気になります。

そして、今までのK-1も54000円払うことでK-1II相当に
基盤交換アップデートができるとのこと。
これはすごい。

ただ、個人的にK-1後継機に期待していた部分がすべて裏切られたので
残念な気持ちが強い。
期待していたこと
・ファインダー倍率0.75倍。
・アイピースシャッターの内臓。
・アシストライトのLEDを赤いものにする

2018年2月18日 (日)

・富士フイルムから手ぶれ補正内臓ボディ発表

ついに富士フイルムのミラーレスから手ぶれ補正内臓ボディが出ました。


これまでは望遠レンズなどにはレンズ内手ぶれ補正がついていましたが、
小型の単焦点レンズには手ぶれ補正がついていなかった。

富士フイルムのカメラは、独自の色づくり(フィルムメーカならでは)や
特殊なSensor(X-Trans CMOS)、
徹底的に画質にこだわったレンズ群など
玄人好みのボディやレンズが多かったのですが
手ぶれ補正が聞かないことだけがネックでした。

待望の手ぶれ補正内臓ボディ。
後の懸念はEVFの見え
EVFの決定的な欠点はダイナミックレンジが狭いことです。
人間の眼に比べると暗部がつぶれて見えなかったり、
空が白とびしたりしてしまいます。

こればかりは、量販店の店頭などでは確認できず、
実際のフィールドに持ち出さないといけないので
判断が難しいところ。
リアルタイムHDRが実現できていれば、この問題は解決するのですが…。

六本木にある富士フィルムのギャラリーでレンタルできるらしいので
借りて動作確認かな。

しかしAPS-Cのセンササイズで23万。
最近は富士にかかわらず、カメラが全体的に高くなっている。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年11月23日 (木)

・iPhoneXの画質を確認

三年ぶりにiPhoneを購入しました。
データ移行中にタッチパネルが一切聞かなくなる
「文鎮化」になり、本体交換というアクシデント有。

ようやく新品交換したものが届いたので画質確認。

過去記事:iPhone6

iPhoneは標準アプリではISO感度が変えられないので
光源の光量を調整して撮影。
撮影条件はHDRオフ、フラッシュオフ、三脚固定、広角側レンズのみ。

光量大
iPhone6 ISO 32
Resizeiso32_6
iPhoneX ISO 32
Resizeiso32

拡大 左:iPhone6 右:iPhoneX
Untitled1
芝生のような細かい部分が塗り絵のような
絵になっていたものが改善して自然になっています。
無理にエッジを立てた感じもせず、かなり画像処理が上手。

拡大 左:iPhone6 右:iPhoneX
Untitled2_2
dead leavesもディティールがしっかりとでるようになっています。
3年でここまで進化するとは。
安いコンデジはもはや必要ない。

光量中
iPhone6 ISO 100
Resizeiso100_6
iPhoneX ISO 64
Resizeiso64

ISO感度が異なっていますが、
iPhoneのExifではISO感度、シャッター速度に嘘情報が書かれているので
あまりあてになりません。
(同じ明るさで、F値、SS、ISO感度の式が成立しない)

ISOやシャッター速度が当てにならないのは、
高感度時にノイズを減らすために、
複数枚画像の合成を行っているためと考えられる

拡大 左:iPhone6 右:iPhoneX
1
iPhone6では色差信号の文字が溶けていますが、
Xではしっかりと残っている。
拡大 左:iPhone6 右:iPhoneX
2_2
dead leavesもまだしっかり残っている。

光量小
iPhone6 ISO 250
Resizeiso250_6
iPhoneX ISO 100
Resizeiso100

レンズのコーティングの差なのか、iPhone6はフレアかかっています。

拡大 左:iPhone6 右:iPhoneX
1_2
Exif上の感度が1段以上違うとはいえ、
iPhoneXでは平坦部のノイズがかなり少ない。

拡大 左:iPhone6 右:iPhoneX
2_4
ノイズが少ないだけでなく、ディティールもしっかり残っています。
単に画像処理でノイズを潰したわけでないことがわかる。
色も残っています。
センサの進化、画像処理の進化両方があるのだろう。

超低照度
iPhone6 ISO 2000
Resizeiso2000_6
iPhoneX ISO 1600
Resizeiso1600

もはや比べるまでもない差。
そもそもiPhone6ではピントすらあっていない。
iPhoneXではシャッター速度が1/4まで伸びています。
手ぶれ補正搭載によりシャッター速度を伸ばしていると考えられる。

被写体ブレが気になるところ、
ここについては今度確認をしてみる。

次回は、iPhone純正カメラアプリとLightroomアプリのカメラでの比較。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年8月31日 (木)

・RX0

ソニーから新しいアクションカムのRX0が発表されました。

Ehtwbbdbnkp8i1lor67n
(画像はソニーのニュースリリースより転載)

GoProと何が違うんだろう…。

スペックを良く見てみると、高速読み出しタイプの1inchセンサー!
焦点距離は35mm換算24mm固定、F4。
背面液晶有り。
最強のスナップシューターになれるのではないか?
旅行行くとき、広角レンズ持っていくよりこれ一個持っていればいいかも。
(個人的にはIRカットフィルターを外して赤外線特化にしたい…)

そして、RX0で検索するとお台場のガンダムがたくさんヒットする。

Resize162235

このガンダムはユニコーンガンダムで型番がRX0らしい。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年2月26日 (日)

・KPの実用高感度は8000位

CP+に行った帰りに横浜をブラブラと散歩しました。
発売されたばかりのKPを携えたて。

夜景でISOを色々振ってみましたが、
手持ちで夜景を撮るには、個人的には
ISO 8000くらいが個人的にKPの限界かなと感じました。
K-1はISO6400。

下記、全てISO8000
ハイライト側のダイナミックレンジが弱い気がするので、
アンダーで撮影しています。

Resize159660

Resize159655

Resize159659

下のシーンは三脚を使用していますが、観覧車が止まって見えるように
シャッター速度を0.3sにしている。
また、解像を若干出すためにF7.1。
感度はISO 1250まで上がりましたが、まあまあ十分な描写をしているかなと。
Resize159658

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年1月28日 (土)

・PENTAX KPが発表

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ペンタックス KP ボディキット ブラック 《2017年2月23日発売》
価格:123930円(税込、送料無料) (2017/1/28時点)


ペンタックスから小型一眼レフが
発表されました。

ホームページ等からわかる内容で
Good ポイントとBadポイントを個人的にまとめてみます。
サービスセンターで触ってきたら追記予定。

Good

・小さい!
 今までの機種に比べて小さいのがGood!
・デザインが良い!
 K-1のサブとしてはかなりいい感じ。
 シルバーが最初からあるのもよい。
・マグネシウムボディ
 持ったときの質感が、エンプラとはぜんぜん違う。
・超高感度
 ISO 80万はセンサがマルチAD変換に対応しているから?
 個人的にK-1でISO6400が限界だったので、
 最大感度がK-1から2段分高いKPではISO 25600が使えるかも。
・シャッター音がK-3などの上位機種系の音。
 下位機種のガシャンは、上位機種を一度持つと耐え難い。
 シャッター自体はエントリーモデルのものだが、
 シャッタ―絞りチャージ系などのユニットが上位機種と同等なため静か。
・電子シャッター
 おそらく高速読み出しセンサーなので、CMOSの電子シャッターで
 問題となるローリングひずみが少ない。
・シャッター速低速限界が設定できる。
 プログラム線図を少しだけ自分通りに書けるようなもの。
・K-1から採用のカスタマイズ可能なコンパネ。
 よく変更する項目はinfoボタン押してすぐに変えられる場所に持っていける。
・DRII
 エントリー機のセンサーをガタガタさせるゴミ取り機能はほぼ機能してなかった。

bad

・背面十字ボタンがエントリー系の操作。
 ファインダーをのぞいたままISO変更→ISOオート
 などの露出系の操作ができない。致命的。
・交換式のグリップが六角ネジ。
 せめて10円とかで回せるネジなら…
 六角は普段持ち歩いていない。
・GPS未搭載
 K-1でGPS搭載している機種になれると
 GPS無しはありえない。
 アストロトレーサーなどせっかくいい機能があるのに。
・リモコン窓が無い
 背面だけでいいのでつけてほしかった。。wifiあるけど。
・バッテリーの持ちが非常に悪い
 バッテリーがエントリー系の小さいタイプなこともあり
 撮影枚数がたったの390枚。
 これはミラーレス並。
 これでライブビュー撮影したらさらに少なくなる。
 マイナス10度環境ではさらに少なく…。
 電池が小さいのに加え、ASICとプリプロセッサの2つの石を積んでいるためだろう。
・ガイドナンバー6の小さなストロボがカッコ悪い。
 Qシリーズのストロボに近い…。
・液晶が小さくてカッコ悪い。
 余白がありすぎでかっこ悪く見える…。
・シャッターが1/6000のエントリーモデルのもの。
 シャッター音は上位機種の部分を用いているけど…。
・測距点操作レバーがない。
 流石にそろそろ追加して欲しい。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧