2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

写真講座

2017年9月19日 (火)

・ゲートブリッジと飛行機の軌跡撮影

若洲海浜公園から飛行機の軌跡と
ゲートブリッジが同時に撮影できます。

Resize162787

しかし、よく調べておかないと
全然飛行機が飛んでこなかったり、
不意に飛んできてシャッターチャンスを逃すことも。

写真家の知人に、
飛行機撮影で有用な情報を教えてもらえました。

・離陸、着陸時は向かい風になるように飛ぶ
・flightradar24というアプリで世界中の飛行機の場所がわかる

羽田空港とゲートブリッジと撮影ポイントの
位置関係はこんな感じ。

2

図の航路のように離陸してほしいのですが、
風の向きによっては、逆向きに離陸したり、
別の滑走路を使ったりします。
理想航路で離陸するには、北方向に離陸するため
北風である必要があります。

そこで、星撮影でも便利なGPV天気予報で風向きをチェック。

3
丸をつけた辺りが羽田空港なので、
この周辺の風向きが北風なら良い。

肝心のカメラの設定は、
飛行機が離陸してから、画角外になるまで
おおよそ、100秒ほどでした。
バルブ撮影で、1分半ほどで適正露光にするためには、
ISO100、F16位。
ゲートブリッジも白飛びしないようにするには
F45まで絞る必要がある。
Resize162788
(ND64使用でF5.6)
RAW現像で暗部を持ち上げた
Resize162789

F45まで絞れるレンズも少ないし、回折現象が起きるため
ハーフNDを使用したり、ND8などを使用したほうがいい
(ND8を使用すれば、F16)
ゲートブリッジだけ適正になるように撮影して
あとで合成するのも良い。

また、飛行機が離陸するタイミングが
撮影ポイントからでは見えませんが
前述のflightradar24を使えば判断可能。

4

上の図のように滑走路に入ってくる飛行機があれば
それは理想航路で飛んでくれます。
flightradar24で目的の飛行機が滑走路に入ったら
バルブスタート。
飛行機が滑走路に入らなそうであれば、
その間に、カメラの設定のチェックなどをやっておけばいい。

ちなみに大きい飛行機のほうが、大回りする。
小さい飛行機のほうが小回り。
軌跡を何本も出すには、パソコンなどを用いて比較明合成。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年9月15日 (金)

・シフトレンズは周辺解像力にシビア

シフトレンズを用いると、あおり撮影ができ
建物の上すぼみを軽減させたりすることができます。

ただし、光軸をセンサ中心からずらすので
その分、イメージサークルの周辺を使用することになります。

この写真は俯瞰で通常撮影したものです。
Resize162755

レンズを下方向にシフトして撮影したもの
Resize162752

レンズを下方向にシフトしたほうが、
見た目に近い写真になります。

この時のイメージサークルは下の図のようになります
Photo
レンズをしたの方にシフトさせているので、
相対的にセンサはイメージサークルの
上がわを使うことになります。
イメージサークルのギリギリ端を使うので
レンズによっては画質の劣化が目立つ。
特にこの写真では画像で言うと下方向で劣化が目立つ
(センサには上下左右反転して映し出されるため)

絞り開放のとき、像高5割程度の場所。
左:シフト無し 右シフトあり
5
かなり像性能が悪くなっている。

2段絞ったとき
2_2
絞っても、画像中心に近いにも関わらず
像の流れが気になります。

このように、シフトレンズでは
普通のレンズ以上に、周辺解像力が求められる。
その為、良いシフトレンズは非常に高価
(数が出ないという理由もあると思うが)

ただ、シフトの効果はかなり大きく
使っていて面白い。

シフト無し
Resize162753

シフト有り
Resize162754

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年9月13日 (水)

・KANIの光害カットフィルター実写確認

KANIの光害カットフィルターで
フィルター有り無しを一般風景シーンで確認してみました。

以前の記事でNiSiより水銀灯と蛍光灯で効果があることが確認できました。

露出係数はおおよそ1段だったので、
フィルターありでは1段明るくして撮影しています。

右:フィルター無し
左:フィルター有り

Resize162747

Resize162748

Resize162749_2

Resize162751

ホワイトバランスを空で取りました。

太陽光下では0.7段分、フィルター有りで暗くなっていましたが
人工光源下ではかなり暗くなっていることがわかる。

残念ながら星が見えない空だったので、
星が綺麗なところでは効果がすごそう。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年9月11日 (月)

・KANIの光害カットフィルターの確認

以前にNiSiのNaturalNightフィルターの効果を確認しましたが、
同様にKANIフィルターのものもチェックしてみました。
Resize162740
NiSi同様に、これまで存在しなかった吸収タイプの光害カットフィルターです。
Web上に公開されている分光透過率のデータ
Bunko
分光的にはNiSiのものに近いが…。

実際の撮影
太陽光下で18%グレーを適正露出で撮影
Resize162745
同じ露出設定でグレーを撮影
Resize162746

フィルターをかませた分、暗くなります。
ただし、太陽光は自然光なのでなるべく素通しして欲しい。
日中太陽光下での露出係数は0.7段(2/3段)でした。
NiSiのが1段だったので、その点ではKANIのほうが性能がいい。

水銀灯下でグレーを適正露出で撮影
Resize162744
同じ露出設定でグレーを撮影
Resize162741

水銀灯の場合は露光差は1段分くらいでした。
1/3段、自然光より有利に働いています。

ナトリウム灯下
Resize162742
同じ露出設定でグレーを撮影
Resize162743

ナトリウム灯の場合も1段分暗くなっています。

つまり自然光に比べて、水銀灯でもナトリウム灯でも0.3段分は
光害をカットしてくれている。
NiSiのものは、水銀灯にはほとんど効果がないので
ここはKANIのフィルターのほうが良いものだといえる。

次回は実写編

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年9月10日 (日)

・ワイドスターマインをシフトレンズで撮る

先日、沼田の花火大会に行ってきました。
Resize162734

会場の真ん中に鎮座するクレーン車が何なのかと思っていたら
そこから花火が出る、すごい仕掛けだった。

Resize162733

ただ、山間で風がなく煙がすごいことに。

また、ワイドスターマインの正面の場所をとることができず
ちょっと斜めから撮影することに。
Resize162735

ここで、シフトレンズを用いて斜めっぽさを
減らすチャレンジをしてみました。

私の持っているレンズは
写真の長辺方向にしかシフトできないので
縦位置で撮る必要あり…。

まず、
同時に撮影していた別カメラによる全体像
Resize162739

中心より左にいることで。右奥のほうがすぼんでいます。
ここから、縦位置でシフトして撮った構図と同じ構図に
トリミング

Resize162738

そして、シフトレンズを用いて撮影した写真
Resize162737

多少は正面で撮った感が出ていると思う。
しかし、もともと解像度の低いこのレンズ、
シフトするとイメージサークルの端を使うので
片側の解像度がかなり厳しいことに…。

後々、この現象についても記事にしたいと思います。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年9月 2日 (土)

・屋形船の軌跡撮影

隅田川はたくさんの屋形船が通ります。
そして屋形船は赤い提灯だけでなく、
いろんな色の船があります。

Resize162237

しかし、インターバル撮影で合成すると色がきれいに出ません

Resize162239
白飛び

Resize162238
色が薄い

重ねすぎると色が薄くなったり、
露出を間違えると、軌跡が白とびしてしまいます。

そのため、合成したい屋形船を狙ってインターバルではなくバルブで
撮影したほうが良い。
Resize162242

この屋形船の明るさは、絞り(F値)とISO感度でコントロールします。
シャッター速度は軌跡の長さ(屋形船のスピード)に合わせます。
花火と同じ

経験的にF16でND16を用いてISO100ならば屋形船の軌跡が
適正になります。
NDフィルタを使わないと軌跡が白飛びしてしまいがち。

橋の上から撮る場合は、
バスとか大きい車が通ると揺れてしまい、
遠景がブレちゃいます。
一枚、バスとかが通っていない瞬間を狙って
ブレていない写真を撮影しておいて、
それを合成に使用するといい。
この合成のやり方は星と同じ

Resize162243

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年8月27日 (日)

・ピント位置で視点を誘導させる

ピント位置は写真表現で非常に重要です。
Resize162238
ピント位置が思ったところに来ていない写真は
失敗写真になってしまいます。

失敗まで行かなくても、
ピント位置をどこに持ってくるかで
写真表現を変えることができます。

Resize162241

ひまわり畑を普通に撮影するとこんな感じになる。

ピント位置をあえて一番奥に持っていく。
Resize162242

こうすると、写真を見たときに、
画像中央から画像上部に視点が移動するので、
写真全体でひまわり畑の広大さを見せることができます。
Resize162240

また、この写真を撮影するときには
35mm換算210mm相当の望遠で撮影しています。
これによってひまわりが圧縮効果でギュッと詰まって
咲いているように見せることができます。

ちなみに広角で撮影するとこんな感じになります。
Resize162243

そもそも、このひまわり畑が広いので
広角でも充分に広さを見せることができますが。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年8月25日 (金)

・BT.601 BT.709 BT.2020 BT.2100規格

色空間にはいろいろな規格があることを以前の記事で書きました。

静止画でなく映像の規格になるとさらに複雑になります。
主に放送業界で使われていたり、映画業界で使われていたり、
いろんな利権がからんでいます。
※まだ勉強中のため、間違っている部分があるかも

・BT.601
VGAサイズなど昔のテレビの画像サイズで使用されている規格。
RGBでもYUVでも良い。
ただ、RGBの時の値は16-235です。
黒=(R,G,B)=(16,16,16)であらわされる。
そのため、BT.601形式の映像を0-255で再生してしまうと、
暗部に締まりがない映像になってしまいます。

疑似的にBT.601を間違って再生した時のイメージ
Resize162229

正しい表示
Resize162230

・BT.709
ハイビジョンのテレビの規格。
色域はsRGBでRGBそれぞれの値は0-255の8bitです。
そのため、基本的には写真のjpegと同じです。

・BT.2020
以前の記事で詳しく書きました。

・BT.2100
HDR映像コンテンツの規格。
BT.2020かつ、ハイブリッドログガンマ(HLG)or PQカーブをまとめたもの。
解像度は2K,4K,8Kをサポート。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年8月18日 (金)

・クランプポッドが便利

クランプポッドなるアイテムを購入しました。


これは手すりや三脚の足に挟み込んで固定するアイテムです。

夜の撮影時に、手すりに固定
Resize162224

これで撮影した写真
Resize162225

ガードレールに挟んで固定
Resize162226

これで撮影した写真
Resize162227

軽量(280g)ながら、フルサイズ一眼レフも固定できます。
雲台は自分の使いやすいものに交換しています。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年8月15日 (火)

・ノイズをあえて加える

最近のデジタルカメラはセンサーが非常に良くなっていて、
画像処理も良くなっているので、
高感度で撮影してもノイズが少なくなっています。

しかし、ノイズが絶対悪かというとそんなこともない。
音でも同じですが、
不快なノイズと心地よいノイズが有ります。
1/fゆらぎとか?そのあたりはよくわかりませんが。
一般的に低周波なノイズは嫌われます。

そして最近のデジカメではノイズが無さ過ぎて
違和感がある写真になることもあります(絵画っぽい)。
そのため、ノイズリダクションでノイズを取った後に、
意図的に「存在してもいいノイズ」を
画像に乗せていたりするカメラもあります。

ノイズを取った画像
Resize162215

ノイズを意図的に付加した画像(周辺光量落ちも付加)
Resize162216

ノイズを付加することで、フィルムっぽいというか
味のある写真になります。
好みは分かれますが。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧