2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

写真講座

2018年7月21日 (土)

・DFA★50mm F1.4 ついに発売

発売当日にgetしました。


先日、ホタルを撮った時、古いFA50mm F1.4を用いたら
周辺部のサジタルコマフレアが気になったのでどこまで改善しているか。

いつものように遠景描写チェック
収差補正系はすべてOFFにしています。

開放

DFA50mm
Resize165329

FA50mm
Resize165332

歪曲収差の影響か、若干画角が異なります。

中心付近
14_1
嘘でしょ、というくらい描写が異なる。
旧式のFA50mmは開放では結像しないのかと思うほど。
新型はわずかにパープルフリンジが見られるものの、問題ないレベル。
周辺
14_2
旧式はサジタルコマフレアが大きいが、新型ではゼロではないがかなり抑えられています。

F2.8

DFA50mm
Resize165330

FA50mm
Resize165333

中心付近

28_1

2段絞ることでかなり像性能は良くなっていますが、まだ新型に劣る。
また、旧式は絞り羽根の枚数が偶数枚なので、回折による光芒が目立ちます

周辺

28__2_2

解像の差がまだあります。
最新設計の新型が良いということですが。

F8.0

DFA50mm

Resize165331

FA50mm
Resize165334

中心付近
F8_1
F8まで絞ると解像性能はかなり近くなります。
ただ、旧式では光芒による横筋がフレアっぽくなってちょっと気になります。
周辺
F8_2

次回はボケを確認します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2018年7月17日 (火)

・ヒメボタル二回目撮影

一回目

二岡神社でヒメボタルを撮ったときに
近くで撮影していた方に教えてもらったスポットに行ってきました。

今回は明るいうちに現地入りができなかったため、
暗闇の中で構図決め、ピント合わせなど
撮影が難しい状態。
そして明るいうちに一枚撮っておけなかったのが失敗。

Resize165315

森が想像以上に暗く、蛍以外何も映らない。
単にホタルがいるだけの写真に。

明るいうちに一コマ撮っておいて、
そのあと三脚やカメラを絶対動かさないようにすれば、
このように背景も写せます。
Resize165322

(この写真はゲンジボタル)

今回は裏が道路になっていて、車がたまに走るので、
そのときの明かりを入れて撮影場所の雰囲気がわかるように工夫しました。

Resize165312

ヒメボタル撮影は二回目ですが、ホタルの習性と撮影方法が
少しずつ分かってきました。

・広角で撮る場合
Resize165318
広角だとあまりボケないので俯瞰でホタルの絨毯にするのが良い
三脚の高さはアイレベルくらい。

・標準-中望遠で撮影する場合
Resize165320

玉ボケにするために、ピント位置は無限やメインの木に合わせます。

ヒメボタルは高くを飛ばないため、三脚の高さは膝くらいで良い。

その他、工夫など。

真っ暗中で他人の三脚にぶつかってしまったり
ぶつけられたりしてしまう事故を防ぐために
存在感を少し出したほうがいいです。
・三脚の脚に、反射シールを巻きつける(100均)
Resize165315_2
・わずかに光るライトを付けておく
 (テレビの電源表示のLEDみたいな)
・白いタオルなどをつけておく。

ただ、僅かな存在感でも気にする人はいるので、
注意されたら隠せるように黒テープなども持っているといいかも。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2018年7月 4日 (水)

・PLフィルタを使用した画像処理

PLフィルタは偏光した光を透過させたり遮断したりするフィルタです。
物体に当たった光は偏光するため、この情報を上手に利用すると
色々な使い方ができます。

一番簡単な使い方は、カメラに三脚を固定して
PLフィルタを回した複数の画像を使用する方法。
(PLフィルタは回転させて効果を変える)


撮影時にPLフィルタの効果が一番出るのは、被写体の角度が斜め下45°の時です。

フィルタなし
Resize

フィルタ有1
Resizeimgp3529

フィルタ有2(フィルター45度回転)
Resizeimgp3530

フィルタ有3(フィルター90度回転)
Resizeimgp3532

ここまでが、普通にカメラで撮影してできる部分。
Photoshopを用いてちょっと画像処理をします。

フィルタなしとフィルタ有の画像の差分をとると
物体の反射成分だけを取り出すことが出来ます。

11

この反射成分は光源の色そのものなので、
被写体にグレーが無くても
反射成分を見ることで正確なホワイトバランスを取ることが出来ます。

Resizeimgp3538

通常画像
Resizea
反射画像
上の写真は電球色蛍光灯下で撮影しましたが、

反射情報を見るとフィギュアの髪の青色などの影響を受けず
茶色っぽい光源の色だけが残っています。

これによって光源を推定してホワイトバランスを適切に取ることが出来ます。
Resize_imgp3538

フィルタ有画像も、PLフィルタの回転向きで3種類あるため、
差分画像も3種類作成されるため、これらの画像を
加算したり減算することで光の当たり方をコントロールすることが可能。

反射を取り除き、マットな質感に
Resizemat

2

反射を与えて、てかてかの光沢感に
Resizetekateka

3

3枚の差分画像をそれぞれの色にして
どこから光が当たっているかを示す画像の生成。
Resize_2

この情報を用いて、光の当たり方をより細かくコントロールができます。
元画像
Resize_3

フィギュアを置いてある木の板の反射率を無くす
Resize_4

直接、光源からあたった光だけのようなライティングできます。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2018年6月29日 (金)

・ヒメボタルを撮影してきました

以前にゲンジボタルを撮影したことがありますが、
初めてヒメボタルを撮影しました。
Resize165148

ゲンジボタルはいろいろなところでホタル観賞会などで
情報が出ていますが、ヒメボタルは保護の観点から七日
ほとんど情報が出てこない。

1回目は秩父に行きましたが、気温が低かったからか
一匹も見れず。
ゲンジボタルはかろうじて数匹いました。

Resize165146

2回目は御殿場へ。
毎日来ているという方がいうに、前日はすごかったと聞き少し残念でしたが
かなりの数を見ることが出来ました。

23:30時-24:00時 50枚比較明合成
Resize165147

ヒメボタルは腰の高さより下ぐらいに飛ぶことが多いので、
三脚の高さは低くしたほうがいい。
また、玉ボケにしたいのでホタルが近くに来てほしいのですが
なかなか来ないのが難しい。
遠くにしかいない場合は、望遠レンズを使ったほうがよさそうです。

Resize165150

memo
ヒメボタルが良く活動する条件
湿度が高い、気温が20度程と高め。
雨が降っていない。
気温が高いほど活動開始時間が遅い。
20度を超えると23時-3時くらい。
大体4時間ほど活動。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2018年6月20日 (水)

・手ぶれ補正の評価方法

カメラの手ぶれ補正はCIPAで定められています。
CIPAの手ぶれ補正の資料はここで見ることが可能。
リンク

CIPAでは手ぶれ補正の効果の測定方法が厳密に定められています。(静止画のみ)
専用の加振台でブレを与えて、専用のチャートを写してブレ具合を確認します。
専用の加振台を使うので、人間の手のブレの特性と異なっています。

そのため、手ぶれ補正6段の機種でも、実際にシャッター速度で6段分長くしても
ぶれないわけではありません。
ただし、手ぶれ補正効果の一定の指標にはなります。

2
ぶれを表すグラフです。
横軸がシャッター速度、縦軸がブレ量を示しています。
シャッター速度が速くなるほど、ブレが小さくなることが分かります。

ブレ量が撮像素子の1ピクセルの大きさ以下になれば、
写真としてぶれていない状態になる。

手ぶれ補正OnとOffでは以下のようなグラフになります。
3
offよりもonのほうが、グラフが下側にいて、
同じシャッター速度でもブレ量が少なくなります。
このときに、ブレ量がある手ぶれ補正判定レベルのときに
onn/offでシャッター速度でどの程度差があるかが
手ぶれ補正量になります。
この図では2.5段分くらいです。

これらの手ぶれ補正の評価指数ですが、
まだドラフトの段階で、正式ではありません。
また、電子手ぶれ補正や
複数枚撮影し、位置合わせして重ね合わせる場合などは
この評価方法では評価できません。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2018年6月11日 (月)

・自撮りライトで紫陽花ライトアップ

紫陽花を取るには雨の日のほうが
水滴が花びらに付き、きれいに撮影できます。

ただ、雨の日は自然光が拡散光になってしまうので
水滴のキラキラを表現するのが少し難しい。
Resize165073

キラキラさせる方法として、スロトボを使うなど
人工光源を足してあげる方法があります。
Resize165075

今回はスマホ用の自撮りライトを使ってみました。


値段もお手頃でUSB充電ができる。
これを紫陽花の横や上に当てながらマクロ撮影。

Resize165077

Resize165078

Resize165080

Resize165074

Resize165081

Resize165076

ちなみに、有りと無しで水滴がどのように変化するのかを
比較してみました。

自然光のみ
Resize165082

自撮りライト使用
Resize165083

水滴がイクラみたいになって若干気持ち悪い…。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2018年6月 9日 (土)

・撮影に便利なアプリ・計算サイトの紹介

写真撮影に便利なサイトを教えてもらったので、
このブログでも共有いたします。
Appは基本的にiOSの物です。

カシオの計算サイト

カメラ関係の計算ができてしまいます。
例:必要なレンズの焦点距離
 花火を全部入れるにはどの程度の広角レンズが必要か等。

1

例:被写界深度の計算

2

Windy.com
天気を見るのに便利。
専用アプリもあります。
以前にこのブログでも紹介しました。

アプリ
サン・サーベイヤー

Resize164632
太陽の昇る方角、沈む方角が直観的にわかります。
有料版(\1200)であれば、ARで実際の風景に合成したり、
月や天の川の表示もできます。

LightTrac(\600)
指定の時刻の太陽の方向、日の出日の入りの方向が直観的にわかるアプリ。
Resize164634

Resize164636
影の長さもわかります。
太陽とスカイツリーのてっぺんが重なる位置とか調べられます。

星と宇宙

Resize164633

指定の時刻の星空がどのようになるのかわかります。
スマホの向きで方向を確認できるので、北極星がどこか等調べられる。

無料です。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2018年5月31日 (木)

・iPhoneで印象的な写真を撮る

Resize164592

Resize164593

Resize164594

Resize164595

Resize164596


Resize164599
Resize164601
上記すべてiPhoneで撮影。

Resize164602

Resize164604
Resize164605
Resize164607
ここまで、すべてXperiaで撮影。

iPhoneに限らず、最近のスマホは
カメラがものすごい進化してきました。
すでに2-3万円のデジカメよりも良く映ります。
2013年に書いた「スマホじゃダメな理由」の記事は古い。

まず、廉価コンデジよりもよっぽどいい点は
フルマニュアル撮影ができる点です。
オートでもシーンを認識して素晴らしい写真が撮れるようになりましたが
マニュアルで設定ができるのでしっかり使いこなせば、
十分に一眼のような写真も撮れます。

ただ、日本でスマホユーザ比率の非常に高いiPhoneは
純正カメラアプリでは細かい設定ができません。
そこでおすすめのアプリがLight room アプリ

ライトルームとは画像処理ソフトでもっとも有名なPhotoshopを作っている
Adobe社のソフトです。
このアプリで撮影をすればRAW撮影や、
細かいホワイトバランスや彩度、かすみの除去など
一眼以上の細かい設定が可能になります。

アプリを起動したときの画面

Lr_1

カメラ撮影モードの画面
Lr_2

記録形式はサイズが大きくなりますがDNGが圧倒的におすすめです。
DNGはRAWの形式の一つのことで、これで保存しておくと後で細かく調整ができます。

撮影したDNGをひらくとこのようになります。
Lr_3

下側にあるタブからライト、カラー、効果などが選べます。
たいていは、ライトとカラーと効果だけで完結します。

明るさの調整
露光量や、コントラスト、暗部を持ち上げるだけでなく
トーンカーブで直接いじることもできます。

Resize164618

色の調整
ホワイトバランスや彩度を変えられます。
特定の色だけ彩度や明度を変えるなど細かい調整も可能。

Resize164619

効果の調整
明瞭度を下げてふわっとさせたり、
かすみの除去で遠景をくっきりさせたり。

Resize164620

あとはカメラロールなどに保存すればOK

Resize164597

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2018年5月26日 (土)

・ハーフNDと使うシーン

片側だけND効果のあるハーフNDは様々なシーンで役に立ちます。

花火大会

Resize164474
ワイドスターマインで活躍。
ここで使用しているハーフNDの種類は
リバースタイプのND1.2 (4段分の減光効果)です。


水面反射被写体

Resize164489

具体的な被写体にもよりますが、ソフトタイプかハードタイプの

ND0.6が減光効果的にちょうどよいです。

・朝焼けや夕焼けの風景
Resize164480
一番良くハーフNDが使われるシーンです。

朝焼けや夕焼けでは空の下のほうが明るく、
空の上のほうが暗いため、リバースタイプのハーフNDがおすすめです。

太陽がまだ出ているときは、明暗差が特に激しい為、
露出係数が4段のND1.2 (ND16)のものが良い。
Resize164479

太陽が地平線より下にいるときは、
ND0.6(ND4)が割とちょうどよいです。
Resize164478

・輝度差が激しいシーン
Resize164476

このシーンは滝の部分が陰になっており、
遠くの山は雪に覆われていて
輝度差が非常に激しいシーンです。
どうにか両方写そうとしましたが、
ハーフNDなしでは、アンダーに撮影して持ち上げても厳しい。
Resize164475_2

・星と街明かり
Resize164477
山の上から天体と街明かりを撮るとき、
圧倒的に街明かりのほうが明るい状態です。
とはいえ、街が白とびしないようにアンダーに撮影すると
星が写らなくなってしまう。
こういったシーンでもハーフNDが使えます。
光害カットフィルタやソフトフィルタを併用すると効果的です。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2018年5月22日 (火)

・天空のポピー畑

今年も天空のポピー畑に行ってきました。

Resize164460
まだ十分に知られていないorバスツアーなどが組まれていないのか
あしかがフラワーパークのような混雑はありません。

咲き具合は6分咲きくらい。
5月の最終週に満開になりそうな雰囲気。

天気も良く、写真日和でした。

Resize164459
宙玉を使用。

Resize164455
ND1000+KaniリバースハーフND(0.6)使用

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 ケンコー 77mm PRO ND1000 フィルター[77SPROND1000]
価格:6870円(税込、送料無料) (2018/5/22時点)


長秒にすることによって雲や風に揺れる花に動感表現を出しています。
また、濃度の薄いハーフNDで空を暗くすることで、青の深みを出しています。

Resize164454
夕暮れ時。
ND1000+KaniリバースハーフND(1.2)使用

太陽がまだでているときの夕暮れ時は空と地上の明暗差が非常に激しく、
ハーフNDがないと、空が白飛びするか、
花畑が真っ暗になってしまいます。
夕焼けはきれいに染まりませんでしたが、太陽の暈と幻日が出てくれました。

Resize164456

fisheyeレンズでローアングルからノーファインダーで撮影。

Resize164458

Resize164457

逆光気味で花びらを光が透けてくるようなシーンでは若干アンダーにして
透過感を出すのが個人的に好きです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧